がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

エグザイルビジネスに興味はないが、Xの音には興味がある

友人によればエグザイルビジネスというものがあるそうです。エグザイルというのはダンスがすごいグループというくらいの知識しかないし、ぼくにはビジネスセンスが壊滅的です。結果的にエグザイルビジネスなるものはどのジャンルかわからないけれど、たぶん両方の合成したらもっと疎いジャンルだと思います。ちょっと聞きかじったところを書くと、エグザイルのなんとかって人が会社をたちあげてかなりいろんなジャンルに進出していて、それが大きな成功を収めている、そんな構造みたいです。ダンススクールなんかはエグザイルというグループと近しいものがあるのでわかりますが、ウェディングとかクレジットカードまであるとか。へえ。

へえと書いてみたものの、びた一文興味がわかない。ざんねんだ。

ところでエグザイルという言葉は、ちょっと気になります。「グザ」の部分です。エグザイルはEXILEなので、音節的にはグザだけで切り出すよりはXIグザのあとに(ァィ)みたいな音が入りそうな気がします。いずれにせよXIという部分ですよね。Xという音がどうも気になる。

そこで調べてみました!(←スパムサイトの口調やめろ)

f:id:gakusi:20190428151638j:plain
写真は息子のウデマエX(本文と関係ありません)

さて、Xの発音はおもにみっつ。ks、gs、zだそうです。このうちzは冒頭にくるときになるそうで、たとえばフランシスコザビエルのザビエルはXavierというらしい。Xで始まる単語は英語では一番語が少ないようで日本語のしりとりの「ん」のような扱いを受けていると聞いたこともあります。てかxylophoneはzじゃないじゃないか。たぶんギリシャ語由来で外来語的な単語なんでしょうあか、いずれにせよ冒頭にきてzと読ませるXにはあまり心が動きませんのでこれ以上追わないことにします。

ksとgsのほうです。エグザイルはgsですね。ksのほうはたとえば、Hexa(六の)というのが思いつきます。ヘックス(六角形)はゲームによくでてくる形ですがこれ自体けっこう好ましい単語です。ただ、ヘックスだけだともうxそのままの発音なのでもうひとひねりほしいと感じてしまう。そこで接頭辞になるとHexaとなってks発音になって、こっちのほうが断然いいと思うわけですね。ただ、そこまできても、やはりksはXの発音の延長であるという感覚からは逃れられません。エックスという濁りのない言葉とksはほとんど隣り合わせになっていて、目を細めてみると同じ場所にあるとも言え、心のときめきもほどほどとなっております(何を言っているのだろう)。

ということで本丸のgsです。

  • EXILE
  • example
  • exist
  • exemption
  • exotic

なんだかexばっかりだなあ、と思いきや、調べると「アクセントがないxで終わる音節に、母音から始まる音節が続く場合」にksが濁って、gsと読むらしい。じゃあ、冒頭はexじゃなくてもいいはず。なんですが、ax、ix、ux、oxどれも、ks読みばっかりなんですよね。わりと貴重な音のようで、gsと読むXが気になるというのはけっこうほりさげてみると面白かったですね。面白いですが、どなたかex-以外でxをgs読みする英単語あったら教えてほしいです。「アクセントがないxで終わる音節に、母音から始まる音節が続く場合」の調べ方がわからない。英語力のなさが露呈していますが、これ以上の調査はできなさそうです。しかし、そんなところもgs読みが好きだといってもいいとポイントにもなりそうです。いいですね。gs音、やっぱり好きですよ。

というわけで、まとめますと、EXILEという言葉の冒頭は好ましいが、エグザイルビジネスとかは本当にどうでもよいというのがあらためてご査収いただきたい結論となります。よろしくお願いします。