がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

あなたの好きな淡水魚はなんですか?

好きな○○なんですか?って聞かれますよね。

そんなときに、「よし、これを言ったら、オリジナリティもあるし、ちょっと分かった風になる」みたいなところをめざして回答選ぶことあるじゃないですか。さらに1ステップ進むとそこに「いや、別に注目浴びたくて変わったところを攻めたくてあえて言ってるわけじゃなくて、もちろん好きなんだよ。ほかのひとがあまり見てないからこそ好きになったというのは否定できないけど」という自己弁護までがセットになってついてくるわけで、ぼくもたいていの好きなもの発言はこの位置にあるわけです。だから、「好きな爬虫類は?」といわれたら「フトアゴヒゲトカゲ」っていいますし、「好きなフリーフォントは?」っていわれたら「かんじゅくゴシック」っていいますし、どっちも好きなことには偽りがないわけです。

f:id:gakusi:20190427173433p:plain:w300
フトアゴヒゲトカゲのイラストは「いらすとや」にあるくらいだからマニアックではないです

で、先週、ブログのお題なんかないですかってまわりに聞いたときに「淡水魚」と唐突に言われまして、ぼくの脳内ではこれが瞬時に「あなたの好きな淡水魚はなんですか? という質問に対して自分は即答できない!」という問題に置き換えられました。淡水魚ってそれほど知識があるわけではありませんが、生き物の時点で全然嫌いなジャンルじゃないのです。なのに、とっさに好きなものは出てきません。なので今日は淡水魚の好きを探ってみたいと思います。

まず、安易な淡水魚として金魚とかメダカとかありますけど、金魚は観賞用の魚として一大ジャンルを持ってそうなので掘るとたぶんおそろしい沼が広がってるはず(勝手なイメージ)。ということで早々に逃走します。メダカはわるくないですが、ちょっとメジャーすぎる。もうすこし、マニアじゃなくても知ってる人いるけどみんな知ってるわけでもない、くらいがよさそうです。そこで思い出したのがミヤコタナゴです(なんでや)。これ、どこかの動物園で見たんですが、かつて都内で発見されたのでミヤコと名付けられた固有種で天然記念物です。これは熱い、とおもいきやそれ以外に大したエピソードがありません。見た目も地味なのでちょっと好きな淡水魚として言及しづらい。いらすとやにもイラストはありませんし!

もっと派手なのないのかなと思ってすぐに思いついたのが、ピラルク。ピラルクで思い出に残っているのはドラえもんのエピソードです。のび太が山の池で釣りをしていてジャイアンたちに馬鹿にされるはなしだった(……はずとおもっていまググッたところだいぶ複雑な話だった上にアニメなどで手が入っているらしい。ので気になる方は「水たまりのピラルク」で検索。ぼくが記憶しているのはコミックス版のお話でした)ともあれ、ぼくはこれでピラルクという魚を知りました。形もシーラカンスの巨大版みたいなどこか古めかしさを感じますし非常にロマンがありますね。ただ、ピラルクは淡水魚最大の魚です。好きなものとして挙げるにはちょっと花形すぎるのでは?

もっとこう、そこまで派手じゃないけど面白さがあるものがよさそうです。ピラルクで言えばアマゾンの淡水魚というキーワードはちょっといいと思いました。そこで、思い出したのが水族館で見た「淡水のエイ」です。もともと大水槽とかで海水のエイは見栄えもあって形もへんで好ましい魚の一つですが、そのエイが淡水にもいるんだという驚きとその姿のかわいらしさ、ドット模様にきれいさに目をうばわれました。実際、観賞用魚としても人気があるそう。名前がいいんですよ、いろいろいるんですが、よく流通されているのがポタモトリゴン・モトロというそうです。ポタモトリゴンという名前がまたいいですね。なんかちょっと幾何的な名前みたいですが、どこか生き物的なニュアンスも残っている

あえて画像は載せません。知らなかった方は検索してみてね。

ということで、ぼくの「あなたの好きな淡水魚はなんですか?」の公式回答は「ポタモトリゴン(淡水エイ)」に決定しました。ありがとうございました。みなさんの好きな淡水魚も教えてください。