がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

ドラクエ5の結婚相手ネタに乗っかれないさみしさ

こんにちはドラクエ派のがくしです(ただし11はDS版を買ったもののしなくなってしまいSwitch待ち、10はサービス開始からいまもやってます、という程度のカジュアルファンですが)

もう、ご存じの方が多いと思いますが、ドラクエ5が、3Dアニメ映画化だそうです。

dq-movie.com

ドラえもんとか三丁目の夕日を撮った監督だそうで、完全に泣かせに来ますねこれは。自分で行間を埋めるタイプのドラクエに、明確に泣けるようなストーリーを載せてしまうってことだとしたら、個人的には不安しかない映画化ですが、今回はそれが主題ではありません。ドラクエ5のことを考えるといつもなんだかもやっとしてることがあって、あらためて言語化してみたいと思ったので書いてみます。ほとんど客観的な根拠の無い妄想なので、妄想に付き合いたくない方はここで引き返しましょう。

さて、ドラクエ5がでたのは、1992年9月。当時はぼくはおそらく15歳くらい、中学生です。ぼくのドラクエ5の印象は、「モンスターを仲間に出来るとかスゲー」「最初にあったあのよくわからないシーンが、後からそんな意味になるのかスゲー」です。結婚相手で悩むシーンはイベントとして重要だったとは思いますが、たいして悩んだ記憶がなくて、ストーリー上関わりが多かったほうをそりゃ選ぶでしょ、程度だったように思います。

エピソードとして「結婚相手を相当悩んだ」ということを熱く話される方がいます。もちろん、それは本当なのでしょう。ただ、ほんとにみんながみんなそうだったのかなぁ。そうじゃないひともけっこういたんじゃないのかなあ、と思うんですよね。いまはドラクエ5というともう、結婚相手でビアンカ派フローラ派の戦争が生まれるみたいな話がセットでかならず出るようになってしまってますが、それって当時の空気としてありましたっけ。当時の雑誌とかでもそこはお悩みポイントとして、記事化されていたとは思いますが、記事はそもそも大袈裟に書かれるものですから、プレイヤーの温度感まではよく分かりません(これは調べようと思ったら調べられそうだなあ)

そういう建て付けにしておくと所属意識が生まれて、どっちかにしておいたほうが面白いから乗っかるという方が増えてこの話が定番化していった感じがしてしまうんですよ。そして、当時はそこまで思ってなかったとしても、バイアスによって当時からそうだったように記憶もまた変わっていっているのでは、とそんなことまで思います(繰り返しますが、ほんと根拠なしのまったくの妄想なんですけど)。きのこたけのこ論争もそうですが、何かを対立させてどっちかに肩入れしてそれを持ち上げるという行為は楽しさをうむものです。乗っかる側にべつにデメリットも無いので、どうしたって加速します。

あと、どうしても過去のものって、なにかフックを付けて言及されることが多いわけです。ドラクエというコンテンツが「国民的RPG」みたいな扱いをされ、リメイクも何度もされていくうちにそれぞれのナンバリングで特徴的なシーンや名言が繰り返し言及されるようになりました。ドラクエ1なら「ゆうべはおたのしみでしたね」。ドラクエ2なら「いやーさがしましたよ」やロンダルキアの鬼畜エピソードなど。ドラクエ3は「ぱふぱふ」とか、オルテガのグラフィックがカンタダの件とか。ドラクエ4だと、アリーナ、トルネコ、ミネアマーニャ姉妹などのキャラそのものですよね。そして、ドラクエ5が結婚ネタですね。もちろん、そこは堀井さんも言ってることですし、作品の大きな山場であることは別に否定するつもりもないんですが、印象が実際のゲーム体験よりずっと強化されてしまっている構図になってる気もしています。

だからどうなんだよ、という話で、別に記憶がそんな風に強化されたって何も不都合はないのですが、ドラクエ5に言及されるたびに結婚シーンというぼくには共感が薄いところがフィーチャされて、ちょっとだけさみしさを感じるので書いてみました(とにかく過去の主人公と未来の主人公が邂逅するところが最高なんですよ、ぼくには)。しかしまあ、ぼくの記憶もまったく当てにならないなー。たとえば「女剣士がずっと剣を洗ってる怖いやつ」をすっかりドラクエ5だと記憶してましたが、あれは6でした……。

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁