がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

『ソクラテスラ~キメラティック偉人バトル~』(Azb.studio)

2018年話題のカードゲームです。自分のゲーム会で持ってくださった方がいたので6人でプレイしてみました。

bodoge.hoobby.net

ルールはざっとこんな感じです。

偉人の名前が分割されて書かれたカードと、偉人の能力をブーストする二つ名が書かれたカード、そして第三次世界大戦を示すカードが混ぜられて、プレイヤーたちに配られます。偉人たちは名前が3分割されていて、右腕・胴体・左腕に分かれています。手札からこれらをセットにして出して、オリジナル偉人を召喚します。この偉人で別のプレイヤーに戦いを挑みます。偉人たちには知力と武力の値が設定されていて、合計値がそのオリジナル偉人の能力になります。バトルの勝敗は、その時に場に出ているルールによってきめます。「武力が高い方が勝つ」とか「知力が低い方が勝つ」とか。バトルを挑まれて、偉人が召喚できないプレイヤーはバトルに負けたことになります。召喚できるプレイヤーは召喚したうえで、数値を比較して勝ち負けを決定します。こうやって、あるプレイヤーが他のプレイヤー全てに勝てたらその偉人は殿堂入りとなります。殿堂入り偉人を規定数以上つくったらその人の勝利でゲーム終了です。もうひとつ、第三次世界大戦カードを引いたプレイヤーがいたら、強制バトルロイヤルが発生し、全員が手持ちのカードから(つくれるなら)偉人を召喚しなければなりません。一番強いプレイヤーが即殿堂入りになります。

えーと、前評判だと偉人の名前が組み合わさって予想外の偉人がつくられてそれを笑って楽しむゲーム……なのかな、と思ってました。が、ルールを見て思ったよりゲーム性があるぞ、ってのが最初の印象でした。実際にやってみましたが、カードが3枚セットで必要なので、あんまり偉人が作成できません。作成できないとバトルを挑まれたときに即負けになっちゃいます。だれも偉人を召喚できずにだれかが勝ってしまった回がけっこうある。

f:id:gakusi:20190201182326j:plain

いでよ! 破壊神ニコギス帝!

いやいや。無理やりつくられた偉人やその説明文を読み上げたら、それなりには楽しいのですが、そんなに予想外のことは起きません。名前だけで無く説明文も合成されるのでけっこうめちゃくちゃなことになり、「民のためにつくしたのに暴君なのかよ!」みたいなツッコミが入ります。ただ、そういうツッコミも最初こそ入りますが、まあ、ランダムで作成したらそうなるよねー、みたいな空気に。合成して出来た名前もまあ面白いけど、ランダムだからそうなるよねーみたいな。しかも、ゲーム性が意外とあって武力計算したりと面倒くさいところもあるので、いったい何を楽しめばいいのかという気持ちに。なんというか、コンセプトが一番面白くてゲーム体験がそれに負けちゃうと言うか、出落ち感というか、そういう感じがしました。

一緒にやったふだんボードゲームを余りしない人も「できた名前は面白いけど、このゲーム自体は何が面白いの」という感想でした。まあ、Twitterなどで感想を見てると、「爆笑した」「またやりたい」という人も多いようなので、たまたま我々に合わなかったと言うことでしょう。そういうことはありますね。そんなゲームでした。ではまた。