がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

『ドラゴンクエスト ビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(スクウェア・エニックス)

とりあえず、年末年始に80時間ほどやってストーリーが終わりました、やりこみ要素が大量に残っていますのでまだまだ遊ぶと思いますが、ひとまず感想などを書いておきます!

ストーリーはなかなか良かったですね。「ものをつくる」ということをちゃんと突き詰めたストーリーになっていて、かつ、ナンバリングタイトルのサイドストーリーとしての位置づけも忘れていません。ラスボスとして登場したシドーがあんな可愛げのあるキャラになってしまったのは、ストーリー状の説明が付いているとは言え、感慨深いものがあります。

進行としては。ちょっと親切すぎるんじゃないか? とか思ったりすることも多々ありましたが、あとでふりかえればストーリーは読み物として成立させればよく、難易度を下げておく方針でしょうからこれはこれでいいかなとも思います。ストーリーの必然でつくることになるものがわりと歪な気がするので、これを「やらされる」よりかは良かったと思います。

前作はバトルのアクションゲーム化が甚だしくて、前作に比べてボス戦も難易度が低く作られていて、「ぼくはビルドがしたいんだけどなあ」という不満はだいぶ解消されてます。本作はアクションゲームどころか、すわシューティングかと思わせる展開もありつつも、初見でぼくが危なげなくできたくらいですから難易度は低いといっていいんじゃないでしょうかね。前作のラストバトルはけっこう厳しかったので……しいていえば、監獄でみつからないように牢屋に戻るところは来た道を適当に過ごしてたらわけが分からなくなってしまい何度も不条理に戻されてしまったところ、あとは最後の方でクルマの操作が下手すぎてすこし萎えた瞬間がありましたので、このふたつはビルドでがんばればバイパス出来るような道筋が欲しかったところではありますね。とにかく進みたい道から落っこちちゃってごちゃごちゃしてるうちに強制的にやり直しさせられるのがストレスフルなんですよね……。

ビルドできるものもだいぶ増えていて、さすがに2作目として前作よりも幅が広がっていて良かったですねー。前作のフリービルドにあたるモードが、ストーリーに組み込まれているのもよかった。ただ、部屋レシピとかもっと変なものが、攻略を見なくてもいろいろ想像して出来るようだと良かったかなと思いました。椅子とか机とかを何個置けば良いかはさすがにヒントが無いと試しづらいですし。

いくつか細かい不満点

  • セーブがひとつしかない。そのわりに進行不能バグが多いのは更新で修正されていくけれどさすがにどうかとおもいました
  • ロード時間が長すぎる。これはシステム屋としては仕方ないのかなととも思いつつ。トレードオフなんだろうなあ(PS版はどうなんでしょうね)
  • 主人公はムービーだと可愛らしいのに、2Dのキャラクターがあんまり可愛くないのもなー。シドーは比較的忠実に再現できてる
  • トイレとかの演出はリアルすぎてあんまり見たくなかった。中には入れてしまうし、妙な気まずさがある。
  • Switchのコントローラでやっていると左スティックをすぐに押してしまい、戦闘中に何度もしぐさ選択メニューが出てしまう(そもそも、同じボタンに複数の動作代わりあたりすぎてる気がする。つくりたいのに話しかけてしまうし、うっかり食べ物を食べちゃうし)
  • 手荷物があふれすぎる。染色が出来るようになったのでますます増えていくんですよね……。

まあ、こういうのは自分の思ってる世界がつくれることに比べれば些細なことですね。面白いんで是非(とは気軽にはちょっといいがたい。なにせ時間泥棒過ぎます!)

ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 ? Switch

ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 ? Switch