がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

『もっとホイップを』(ニューゲームズオーダー)

たまたま荷物受け取りのために来てくれた友人をむりやり巻き込んで、最近のお気に入り「もっとホイップを」(このように、唐突にボードゲームに巻き込まれる事案がぼくのまわりでは頻繁に発生しているらしい……や、ちゃんと意思を確認してますよ?)

f:id:gakusi:20190117205223j:plain

パイを切り分けるゲームです。

  • 手番プレイヤーが11分割されたパイをプレイヤー数に切り分ける。切り分けた人が必ず最後にパイを取るように、左隣の人から取っていきます。
  • 取る順番が回ってきたプレイヤーは切り分けたひとまとまりを選んで受け取ります。そして、パイ一切れずつを順に処理していきます。
  • パイの一切れずつにはホイップと数字が書かれていて、一切れずつについてそのパイを「食べる」か「とっておく」かを決めます。
  • 食べた場合:書かれたホイップがそのまま最後に点数になります。裏返しにして伏せておきます。
  • とっておいた場合:表にして自分の前にパイの種類ごとに並べておきます。ゲーム終了時に「プレイヤーの中でその数字のパイを最大数所持していたら、その数字が得点」になります。複数人居たら全員がその数字の得点をもらえます。

 パイは3~11の数が書かれていて、書かれている数が同じ種類のパイの枚数であり得点を表しています(3なら同じパイが3枚ある)。ただし、書かれているホイップの数は数字が増えれば増えるわけではありません。たとえば、11のパイ(たぶんチョコーレトパイ)にはホイップが3個も書かれているので、その場で食べたくなりますが、みんなが食べ出すと少量で「プレイヤーの中でその数字のパイを最大数所持」を満たしやすくなるのでその場で食べずにとっておく方針切り替える人も出てきます。逆に9のパイ(たぶんブルーベリーパイ)にはホイップがひとつしかないので、取っておく方針にしがち。激戦になって0点か9点かの戦いになりがちだったりするわけです。何を食べ何を取っておくか。

 取るのも悩ましいですがなんと言っても切り分け担当がまわってきたときが悩ましいわけです。切り分けたパイ、自分は最後に取るので、完全においしくないセットをつくってしまうと確実にそれが自分にまわってきます。かといって他人が有利になるパイをその人には渡したくない。自分にとってどうでもいいがあるものが他人にとって価値があるケースが多発します。隣の人が何を取るのかが未知数なので期待値を計算しづらく、悩んでも悩んでもキリがありません。が、ひとは悩んでしまうもの。美味しそうな絵の割にはかなり苦しいゲームですね。

唯一の気になるところは、角が尖っていてシャッフルすると痛いし、角がどんどん痛んでいくところくらい。でも、この角は見た目とゲーム性のマッチさ加減をあらわしているので、角を取ってしまうわけにもいかないでしょうね。ともあれ、シンプルなのに悩みどころも多く、とっても良いゲームだとおもいます。うちのゲーム会では3人ゲームとして最近とても重宝しています。

もっとホイップを! 日本語版

もっとホイップを! 日本語版