がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

『もっとホイップを』(ニューゲームズオーダー)

たまたま荷物受け取りのために来てくれた友人をむりやり巻き込んで、最近のお気に入り「もっとホイップを」(このように、唐突にボードゲームに巻き込まれる事案がぼくのまわりでは頻繁に発生しているらしい……や、ちゃんと意思を確認してますよ?) パイを切…

『カタンの開拓者たち 航海者版』(ジーピー)

カタンの開拓者たち 航海者版 、通称「海カタン」を、新年初の自分主宰の平日ボードゲーム会でやりました。ぬおー、写真撮り忘れてる(いまごろ気がつく) カタンの開拓者たち 航海者版 (Die Siedler von Catan: Die Seefahrer. Erweiterung) ボードゲーム出…

シビタス@蒲田(パンケーキ)

年末ですが、娘のリクエストで蒲田の猫カフェに。 ついでに、駅ビルにある「シビタス」にてパンケーキでお昼ご飯。 あんまり前知識も無く、娘と出かけたときは娘も好きなパンケーキを食べるのが良かろうという勝手なルールさがしてみたところ駅近いってこと…

九条俳句不掲載訴訟の俳句は政治的か?

まえにもどこかでつぶやいた気がするんですが、政治的な内容を含むといろいろ面倒なことが多いかも知れませんが、判決が出たのでちょっとだけ書いておきます。俗に「九条俳句不掲載訴訟」といわれてるやつです。 梅雨空に「九条守れ」の女性デモ この句が、…

BD版『夜会工場 Vol.2』など

予約していた『夜会工場 Vol.2』と『中島みゆき ライブリクエスト』が来てたので、さっそく『夜会工場 Vol.2』を見ました。Vol.2は公演にも二回ほど行ってるんですが、ソフト化されるとおもってなかったので案内が出たときは驚きました。Vol.1はまた幻の公演…

ねこまき・堀本裕樹『ねこのほそみち』

手に取るのが遅くなりましたが、句会の前に読みおわりました。 ねこのほそみち ―春夏秋冬にゃー作者: 堀本裕樹,ねこまき(ミューズワーク)出版社/メーカー: さくら舎発売日: 2016/04/06メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 猫に関す…

文具女子博2018に行って来た

娘が行きたいというので、文具女子博2018に言ってきました。ぼくも文具は大好きなので楽しみにしてました。わざわざ女子を付けておいて「男性も入場いただけるイベントです」ってのはちょっと気にいらないですが……。「国内最大の文具の祭典」ならなおさら女…

ドラゴンクエスト10の「アストルティア防衛軍」が面白すぎる3

半年前にこんな記事を書きました。 microstory.hatenablog.com さて、時間は流れて、いまドラゴンクエスト10(DQX)のバージョンは4.4。アストルティア防衛軍にも新たなマップが登場しました。前回の記事も「楽しんでます」という内容でしたが、今回の新マッ…

高原英理『エイリア綺譚集』(国書刊行会)

箱入りハードカバー。豪華! エイリア綺譚集作者: 高原英理出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 2018/11/21メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 作者がいろいろなところに寄稿した短編と書き下ろし中編をまとめたもの。通してみると、かなり…

2台目のNintendo Switchを買ってみたらややこしかった

かねてより、息子と娘がゲームをやりたがる時間がバッティングして面倒くさいことが発生していたので、 Switch 二台目もやむなし、と思っていたんですが、ここに来ての PayPay による20%還元祭に背中を押され、ビックカメラで買ってきましたよ。1台目 Swit…

猫カフェと謎解きの日常

こういう土日の日常も記録しておくと後から面白いかもという試み。 娘がテストで良い成績を取ったので約束していた猫カフェへ連れていきました。ほんとは吉祥寺にある「てまりのおうち」というところに行きたいと言っていたんですが、午前中に用事があって午…

ワンナイト人狼と人狼ビギナーズの件を見て感じたことメモ

議論も出つくした気がするし、今更整理はする必要も無いかとは思いますが、人によって評価が異なるこの件について、いま自分がどう考えてたかという感情メモを書いておきたいので、そっと置いておきます。むやみに長いので読まなくて良いです。 感じたこと …

黒かわず句会

黒かわず句会でした。 お題はこんな感じ。いままで消したりしてた気がするけど、出題者書いちゃっても良いですよね。 漢字「望」(菊八) 必殺技の名前を入れる(すでに知られてるものでも良いし、それっぽいオリジナル必殺技でもよい)(幽樂坊) 一見した…

佐藤りえ『景色』(六花書林)

短歌をされている方として知り合った佐藤りえさんが句集を出されたと聞いて楽しみにしてました。 景色作者: 佐藤りえ出版社/メーカー: 六花書林発売日: 2018/11/19メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 旧かな有季定型であり(もっとも無季は結構ある…

ユヴァル・ノア・ハラリ『ホモ・デウス』(河出書房新社)

今年の話題作でしたね。 『サピエンス全史』でヒトの歩いてきた道を総括した作者ですが、今度は未来を語ります。ヒトはこのあとどういう未来を生きていくのか、予言では無く可能性のひとつを提示したノンフィクション作品で、大変刺激的ではあるのですが、個…

『第二十七回 文学フリマ東京』に参加してきました

はい、恒例の文学フリマでした。タカスギシンタロと2人で、「超短編マッチ箱」で出店してきました。新刊は、タカスギシンタロ+松本楽志「超短編・秋 たつたひめ」と、タカスギシンタロ「PONGPOKKO森のなかまたち」です。 いつものように突貫工事になる作品…

HADOをやってきました

ARを使ったテクノスポーツ、HADOをやってきました。ゴーグルを付けて、手から出る球を当てあう新世代のスポーツです。なんと、世界大会も行われているとか。詳しくは公式を見ていただくとして、 hado-official.com これが近くで体験できるというので行ってき…

スターバックスにミッキーマウス制度を導入する

コーヒーチェーンのスターバックスには、ブラックエプロンと呼ばれる特別な店員さんが居るそうです。かなり貴重な店員さんで、全店舗で10人しか居ないというのに、地元の店にフツーにいて対応してくれたんですが、なんだったんだ、という話をさっき、コワ…

横浜ハンドメイドマルシェ2018・秋に行ってきた

春に娘と言って堪能したハンドメイドマルシェですが、秋にも開催されたので行ってきました。 春に行ったときはあらかじめワークショップに申し込んでいたんですが、このワークショップがイマイチだったので今回は現場で探すことにしました。さらに、下の娘を…

PCL から .NET Standard への変換をした

人狼の GM サポートのアプリをずっと前に公開してまして、それは普通に Android 用に Java でつくってたんですが、iOS 版もつくりたくて Xamarin で作り直してたんですね。ただ、仕事の合間にやっていたせいで、数ヶ月に一回とかのすごい遅いスピードで触っ…

尻手駅が好きだった

もう10年くらい前になるのかな、仕事で立川に通っていたことがありまして、いろいろルートはあったんですが、着席して行けるってことで、南武線を川崎から立川まで乗車していました。長い乗車だったので、本を読んだり、居眠りしてもまだ辿り着かず、毎日の…

俳句における「柿の種」の乗っ取り行為について

なんだか不穏なタイトルを付けてしまいましたが、たいした話では無いです。 先日の、黒かわず句会で、お題に「種」読み込みというのがありまして、そこに「柿の種」をつかった句がいくつかあったんですね。ぼくがうっかりその句にあった「革ジャン」という単…

Nintendo Live 2018 に行ってきた

息子(小6)をつれて、Nintendo Live 2018 で、スプラトゥーン甲子園の関東ブロック予選を見てきましたよ。 ぼく自身はカジュアル勢を体現するような適当なプレイヤーなので、ガツガツやっているプレイヤーにはあまり興味が無く、1のころからスプラトゥー…

土屋健『海洋生命5億年史 サメ帝国の逆襲』(文藝春秋)

サイエンスライター土屋健さんによる、フルカラーの科学読み物。タイトルに「サメ」とありまして、キャッチーさとしては正しいなとは思いますが、これはサブタイトル「海洋生命5億年史」の方がむしろ正しく内容を表していると思いますね。とおもったけど、A…

俳句仲間とHYKEをやったら大変なことになった

こんにちは。 HYKEというボードゲームをご存じでしょうか。ドロッセルマイヤーズさんが考案された言葉のゲームです。 bodoge.hoobby.net このHYKE、つねづね俳句仲間と遊んだらどうなるかなと思っていまして、先日、無事遊ぶことが出来たのでご報告いたしま…

「INGRESS THE ANIMATION」(原作:Niantic,監督:櫻木優平)

まさかのアニメ化で楽しみにしていたところで、 Netflix で全話配信されていたので全部一気に観てみました。 主人公翠川誠は触れた物質の記憶が読める特殊能力の持ち主。子供の頃から、その能力を気味悪がられてきた。現在はその能力を使って警察に協力して…

フィリップ・ジンバルドー『ルシファー・エフェクト ふつうの人が悪魔に変わるとき』(海と月社)

なかなかヘヴィな読書体験でした。いろんな意味で。 ひとつはもちろん、その厚さです。ページ数800超、1段組みで文字ポイントも比較的大きいのでボリュームは厚さの割にはないとはおもいますが、物理的に読みにくいです。構成としても、前段にスタンフォー…

黒かわず句会 2018.10.4

黒かわず句会でした。 ぼくも入会した結社「蒼海」の同人創刊号がとどいたのでそれを肴に話が盛り上がるかと思いきや、ぺぺ女のところになんの間違いか届いてないことが判明し、話題に出来ず。その後無事に届いたようですが、タイミング悪かったですね。 「…

『愛と法』(監督:戸田ひかる,2018)

行ける日がほとんどなかったので無理やり時間を作って、渋谷ユーロスペースで大学時代の友人である南弁護士が主演をしている『愛と法』を見てきました。 aitohou-movie.com 良かったです。 南弁護士は、同性愛者であることを公表し、パートナーである吉田弁…

『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』(スクウェア・エニックス)

本と違ってゲームの場合は、いつまでたってもおわらず(やりこみ要素があったりすると何をもって終わりとするかも難しい)、そのうちやらなくなってしまうケースも多いないので、感想を書いてしまうことにしました。クリアはしてないんですが、ストーリーの…