がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

黒かわず句会 ~「ひかりの届く」部分の変更についてのいろいろ

黒かわず句会でした。

ちょっと今日は句評を書こうと思います。作者の許可を得たので作者名付きです。

鬼灯にひかりの届く配線図 四十九士

こちらが、ぼくの特選句でした。これは見た瞬間からこれしか無いと思ったくらい好きな句です。

季語は「鬼灯(ほおずき)」で初秋(兼題でもありました)。

この句は、「配線図」がすばらしいのです。現実ではなく、現実に反映させるための仕組みが句のメインになっています。鬼灯というのは植物ですが、その形から、昔から自然の提灯のようなイメージが浸透しています。なので、光を放つということ自体には意外性はありません。しかし、この句は光を放つための「仕組み」である「配線図」を使っている。そこがいいとおもいました。ぼくはこういう「仕組み」が好きなので、評価が甘くなると言うのはあるかも知れませんが、とにかく視点が面白いことは理解してもらえると思います。

さらに。ほおずきには宗教的要素があります。お盆に個人が帰ってくるときの道案内として備えたりするようです。このほおずきの仏教的なイメージと配線図の取り合わせには、曼荼羅のような印象もまといつきます。

図は図です。それ自体はただの記号的なインクの集まりみたいなものなんです。で、この図のとおりに組み上げて電流が流れることではじめて「鬼灯は発光する」。鬼灯が発光している様子を射影した図はいったん紙の上に落ちますが、それを見たものの脳内で逆再生されてふたたび鬼灯を光らせることが出来るんです。

句会では、この言葉の並びだと光が何処にあるかわかりにくいから

 鬼灯にひかり届かす配線図

 鬼灯にひかり届ける配線図

のほうがよいのではないか、という意見が出ました。それに対して、作者はこの作品を作ったときは、「鬼灯自体が発光するのはありきたりで、鬼灯に外から光を当てるような形にしたかった」。だから

 鬼灯にひかりの届く配線図

にしたんだ、と言ってましたが、この作者の自解はぼくはあまりいい解釈だとは思いません。光を外から当てるため、という解釈だとまず「配線図」ではなく「配線」になってしまう。「配線」自体、俳句の材としてはそれなりに面白いものではあるとおもうのですが、「配線図」の方がもっとおもしろい。そのうえで、鬼灯は自ら発光していいとおもうんですよね。だって図の時点ではまだ発光してない。発光するであろう仕組みそれだけを句で読んでいるから、これでいいんですよ。主役は配線図なのでそれ以外の要素であるほおずきは自ら発光するというありきたりなイメージで良いのです。

で、そのうえで「ひかり届かす」や「ひかり届ける」ほうがいいのかどうかを改めて考えてみたんですが、それでもぼくはやっぱり元句の方が好きだなと感じます。

というのは、「ひかりの届く」という言葉の並びにすることで「届く配線図」のうしろに「届かない配線図」が見えてくる気がするんです。

いろんな配線がある。上手く行ってない配線もあって、それは「鬼灯にひかりの届かない配線図」なわけです。届かせたいのに及ばない、というニュアンスがここには見える。いろんな失敗の配線図のなかに、ひとつだけ「鬼灯にひかりの届く配線図」がある。さっきいったように配線図は曼荼羅のようなものですからそれ自体が一つの世界ともいえます。ひかりの届かない無数の配線図の中に、偶然届く配線図がひとつだけ浮かび上がってくるというイメージは、まるで絶望的な終わりを迎える無数の並行世界のなかに、間違って紛れ込んだ一つだけ輝く世界のようです(すごいこと言いだしたぞ)

もうひとつ

 鬼灯にひかりが届く配線図

という形についても他の参加者からこちらはどうかという言及がありました。主格の「の」は「が」と置き換えられることがあり、意味的にはどちらも使えるように思えますが、ぼくのはこの「が」は強く感じる。ひかりが主役に見えちゃうんです。何はともあれ「ひかり」こそが届くんだと、そういう強調を感じてしまうんですね。配線図に対して上の言葉はあくまでも添える感じにしたくて、それがなくなってしまうような気がして、ぼくは「の」のほうが綺麗に感じました。これは言葉の受け取り方の問題なので正解はありませんが、ぼくの感性は「の」が好きです。

今回も大変面白い句会でした。

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(監督・山崎貴)

おお ドラクエ! しんでしまうとは なさけない…。

この夏の(あまりよくない意味での)話題作、ドラゴンクエストの映画を観てきたので、ぼくもそっと感想を置いておきます。

限りなくハードルを低くして臨んだけど、やっぱりダメでした。

まず、あらかじめこの映画にはあまりいい予感はしてませんでした。観たことはありませんが、監督の既存の映画の評判がぼくの好みでは無かったからです。まあ、それでも、原作の力があれだけあるのですから、よっぽどねじ曲げでもしない限り、完全に外れることはないのかな、という程度の予断を持ってましたが、公開後に聞こえてくる不穏な感想をなんとなく目にするにつれ、これはハードルを相当下げて見に行かないという気持ちになってました。

で。観てみたんですが。

「は?」

ネットには説得力のある批判的なレビューも既にたくさんありまして、ぼくのいいたいことは大方網羅されてそうなので、そこについては書かないことにしますが、到底納得できるものじゃなかったですね。「お話しの整合性がとれていれば面白くなるわけではない」という気持ち。映画が始まったときの幽かな違和感は確かに解消されますが、それはまったく面白さと無関係だったという。ミステリ読みとして伏線回収は正義だと思っていましたが、そんなことはないんですよ。確かによく考えてみれば別にそんなわけないです。逆に言えば破綻してても面白いものはたくさんありますからね。

ダイの大冒険とか、他にも映画化されたドラクエはありましたが、ナンバリングタイトルをまっこうから原案として映画化された初めての作品です。この出来はあまりにも悲しい

他の方の感想であまり言及されてない視点として、ぼくが言及しておきたいことがひとつあって、それは「YOUR STORY」の部分です。ドラクエという国民的RPGの映画を撮るとなったときに、これがゲームであることは大きい。となると、たぶん多くの制作者はドラクエの「体験」をどうするか、ということを考えざるを得ません。そういう意味ではこの監督はそこにはちゃんと向き合おうとして、いちおうなんらかの答えを出そうとしているのは確かです(だからこそ引き受けたのかなとも思う)。ただ、それだけなんです。確かに答えを出してきてるんだけどねえ、それもうやってるんですよね。

それは、「ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー」というドラゴンクエストの舞台です。

microstory.hatenablog.com

この感想で、ぼくは「勇者の冒険物語ではなく、プレイヤーのための物語」と書きました。そうなんですよ。この YOUR STORY でやろうとしていることはすでに「ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー」で、やってるんです。ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアーという舞台は「なまえをいれてください」からはじまる、ドラクエの体験をそれぞれのプレイヤーの思いと重ね合わせることに成功した素晴らしい作品でした。

ここから映画の方の、結末に言及します。

続きを読む

エグザイルビジネスに興味はないが、Xの音には興味がある

友人によればエグザイルビジネスというものがあるそうです。エグザイルというのはダンスがすごいグループというくらいの知識しかないし、ぼくにはビジネスセンスが壊滅的です。結果的にエグザイルビジネスなるものはどのジャンルかわからないけれど、たぶん両方の合成したらもっと疎いジャンルだと思います。ちょっと聞きかじったところを書くと、エグザイルのなんとかって人が会社をたちあげてかなりいろんなジャンルに進出していて、それが大きな成功を収めている、そんな構造みたいです。ダンススクールなんかはエグザイルというグループと近しいものがあるのでわかりますが、ウェディングとかクレジットカードまであるとか。へえ。

へえと書いてみたものの、びた一文興味がわかない。ざんねんだ。

ところでエグザイルという言葉は、ちょっと気になります。「グザ」の部分です。エグザイルはEXILEなので、音節的にはグザだけで切り出すよりはXIグザのあとに(ァィ)みたいな音が入りそうな気がします。いずれにせよXIという部分ですよね。Xという音がどうも気になる。

そこで調べてみました!(←スパムサイトの口調やめろ)

f:id:gakusi:20190428151638j:plain
写真は息子のウデマエX(本文と関係ありません)

さて、Xの発音はおもにみっつ。ks、gs、zだそうです。このうちzは冒頭にくるときになるそうで、たとえばフランシスコザビエルのザビエルはXavierというらしい。Xで始まる単語は英語では一番語が少ないようで日本語のしりとりの「ん」のような扱いを受けていると聞いたこともあります。てかxylophoneはzじゃないじゃないか。たぶんギリシャ語由来で外来語的な単語なんでしょうあか、いずれにせよ冒頭にきてzと読ませるXにはあまり心が動きませんのでこれ以上追わないことにします。

ksとgsのほうです。エグザイルはgsですね。ksのほうはたとえば、Hexa(六の)というのが思いつきます。ヘックス(六角形)はゲームによくでてくる形ですがこれ自体けっこう好ましい単語です。ただ、ヘックスだけだともうxそのままの発音なのでもうひとひねりほしいと感じてしまう。そこで接頭辞になるとHexaとなってks発音になって、こっちのほうが断然いいと思うわけですね。ただ、そこまできても、やはりksはXの発音の延長であるという感覚からは逃れられません。エックスという濁りのない言葉とksはほとんど隣り合わせになっていて、目を細めてみると同じ場所にあるとも言え、心のときめきもほどほどとなっております(何を言っているのだろう)。

ということで本丸のgsです。

  • EXILE
  • example
  • exist
  • exemption
  • exotic

なんだかexばっかりだなあ、と思いきや、調べると「アクセントがないxで終わる音節に、母音から始まる音節が続く場合」にksが濁って、gsと読むらしい。じゃあ、冒頭はexじゃなくてもいいはず。なんですが、ax、ix、ux、oxどれも、ks読みばっかりなんですよね。わりと貴重な音のようで、gsと読むXが気になるというのはけっこうほりさげてみると面白かったですね。面白いですが、どなたかex-以外でxをgs読みする英単語あったら教えてほしいです。「アクセントがないxで終わる音節に、母音から始まる音節が続く場合」の調べ方がわからない。英語力のなさが露呈していますが、これ以上の調査はできなさそうです。しかし、そんなところもgs読みが好きだといってもいいとポイントにもなりそうです。いいですね。gs音、やっぱり好きですよ。

というわけで、まとめますと、EXILEという言葉の冒頭は好ましいが、エグザイルビジネスとかは本当にどうでもよいというのがあらためてご査収いただきたい結論となります。よろしくお願いします。