がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

はてぶという疑似エアリプのこと

はてなブックマークというのを使ってます。とある増田(はてな匿名ダイアリー)とそこについていたコメントを見ながら、対象とだいぶ不思議な距離感が生まれるツールだなあと思ったので感情のメモ的に思いつきをつづります。

エアリプというのがあって、Twitterなどでよく使われると思うんですが、通常のリプライは明確に対象となるツイートにぶら下げる形で発言されますが、それとはちがってただのつぶやきなんだけど、そのとき目についた何か他人のツイートやらを下敷きにしていて、それに反論したり言及したりしていながら対象の発言がそれだと明確にしないものです。対象を明確にしないので、中にはバレバレなものもあれば、別の話題に接続しているかのように誤解されたりしていて、「はっきり言えよ」って嫌われることもあります。

ぼくはこのエアリプというのをよくやるんですが、というか、この記事自体がエアリプというメタ構造になっていて、なんでかというと、冒頭に書いたように「感情のメモ」だからなんですよね。ある記事や発言を見て、そのときの思いをメモしておきたかったりしますが、別にそれを発言主に届けたいとは思わないんです。自分の中の感情やら考えたことやらが主題になっていて、相手と対話したいわけではない。なんなら相手の言いたいことを完全に無視していて瑣末な部分についてひろげたり、あるいは正反対のことを思ったりしている。

これをいちいちもとの発言にぶら下げてしまうと「そんなことが言いたいわけじゃない」ってなりかねませんし、こちらは「そんなことが言いたいんです」しかなくて、お互い不幸になりかねません。なのであえて発言の関係をぼかす、エアリプというのはぼくには意味のある行為です。

で、はてなブックマークなんですが、このツールは、実質はエアリプなのに対象にぶら下がってしまうところがいろんなところで揉め事になってそうだなという感じがあります。あくまで対象となる記事やらをみて脊髄反射で思ったことを「メモしておく」ような場所として使う側としては使うことが多んじゃないのかなあ、と観測してます。実際文字数は少ないし、システム的にもコミュニケーションをとるような作りにはなってないわけです。

ただ、いっぽうでぶら下がられた元記事側からすると自分の記事についたコメントですし賢しげなことばも並んでますから、そこに「返信」してきたように感じてしまいますよね。これも別に不思議な感情ではないです(ブログによってはほんとにコメント欄のようにはてぶが表示されるテーマもあったりして、ますます距離感がわかりづらい)。結果的に長文で対応できるグログ主側からすると「まったく本題を読めてない」とか「馬鹿ばかりだ」とかになってしまいかねません。最近見た増田なんかですと、かなり強い口調でブコメをこき下ろしていました。まあ、そうなるよね……。

これも距離感がブクマをつける側とつけられる側でほんと乖離してるよなーと思うわけです。ブログのコメント欄はブログの記事の下にあって、「さあここに、この記事についての返信を書くぞ」という気持ちがわかりやすいけど、ブックマークはあくまでも外部にあってつけるがわが自分の管理できる範囲内で、この記事についてコメントつきで記憶にとどめておこう、という感覚でしかないんじゃないかと思うわけです。そもそもがブックマークだし。ただ、ややこしいのは全部をエアリプとして処理すればいいかというと、それもちがうなとおもっていて、ブックマークを返信に使っている(ほんとにリプライしている)ケースもやっぱりあるわけです。これは自分もあります。

で、どうすりゃいいのという話には別に答えはないんですけどね。エアリプを見せないだけで住むなら単にブクマを非公開にすればいいじゃないかという話もあり、まあそれがいちばんの解決策かなとは思うんですが、われわれは全てにおいてエアリプだけを目的として対象にコメントを付けているわけでもなく、両方の気持ちがまざってるときもありますし、また、他人のエアリプの一覧を見たいという感情もあって、非公開にしろよとはあまり思わないし、したいとも思わないんですよね。

なので、記事を書く側としては「的外れのように見えるコメントはエアリプで無関係な話をしていると思って無視する」「返信しているような書き方のものはお好みで」みたいなスタンスが精神衛生上いいんじゃないかと思ったりするんですがどうでしょうか。