がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

ネット通り魔事件のこと

すでに各地で話題になっていますが、ネットウォッチャーで有名だったHagexさんが、殺害されたという事件がありました。

www.itmedia.co.jp

普段から巡回していたわけでもなくホットエントリに上がってくれば目を通す、たまに思い出したように匿名掲示板のまとめとかをまととめよみしてた程度で、よい読者とはいいがたい人間でしたが、背景が明らかになるにつれこれはやりきれないなーと思いました。まずは、Hagexさんのご冥福をお祈りします。たぶんとっても悔しいとおもいます、心安らかにお休みください。

犯人とされているのは、このはてなで、IDを変えては他人への中傷を繰り返してきた、通称「低能先生」とよばれる男性だそうです(確実ではないでしょうけれど自首していますし、各社の報道でも間違いがなさそうと感じます)。ぼくはこの事件があるまで、この「低能先生」という呼称を知りませんでしたが、今回の件で自分も低能先生に罵倒されたことがあったことをいまさら理解しました。この方、ホットエントリに上がってくるブックマークの中で誰彼構わずIDコールをして、暴言を吐いていたんです。そのときに「低能」ということばをよく使っていたので、はてな民の中で「低能先生」と呼ばれていたとか。確かに僕も低能って書かれたことが何度もありました。IDコールがあって開いてみるとそのIDはすでに削除されていたことも多く、あれは通報などではてながID削除の処置したってことだったんですね。

で、こんかいその「低能先生」(この呼称あんまり使いたくないんですがほかに呼びようがないのでカッコに入れて使います)がなんでHagexさんを狙ったんでしょう。報道ではまるでhagexさんに通報されたり、揶揄されたりして逆上したかのような書かれ方をされていますが、Hagexさんは「低能先生」に確かに言及はしてましたが、積極的にウォッチしていたわけではなさそうです(これとか)。

「低能先生」をむしろ煽っていたのは別の匿名ダイアリー(増田)の人間だったり、はてなブックマークのコメントだったりするわけで、実際のヘイトはそこで生まれていたと思いますが、凶行に及ぶにあたって、はてなの言論空間みたいなのの象徴的な人間として、たまたま近くに来ていたHagexさんを狙っていた可能性が高い気がします。これはようするに、「ネットでちょっと目が合った」みたいなことで、リアルで目が合って被害者にされるのとほとんどかわらない。ただそれだけでターゲットにされちゃった、通り魔事件のようなものではないでしょうか。ほかにはてなで名前がそこそこ売れている人間が近くで同じような公演を行っていたらその方が凶刃に倒れた可能性もあるんじゃないかと思います。

これはさすがに怖すぎる。ネットで何かを発現するということは、少なからずリスクを負うことではあると思います。まして実名と接続されるような形で発言を行う表現者にはそのリスクは高くなる。しかし、いくらリスクを負うからってこんなことまで想定せよというのはさすがに無理がありますよね。誰でもよかった、という面ではちょっとバランスを欠けば有名人じゃなくてもよかった、となりかねず、弱小ブロガーだからってその例外じゃなかったのかもしれません。これはどこまでいってもやりきれないし、恐ろしいとしか言いようがありません。