がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

「ルネと不思議な箱」(SCARP出版)

娘と一緒に勧めてる脱出ゲームブック。刊行順ではないのですが、二冊目はこれにしました。

ルネは「沈みゆく豪華客船からの脱出」や本屋とのコラボでも登場する女の子です。「沈みゆく豪華客船からの脱出」でも父親がいないという紹介がありましたが、本書はまさにその父親を探す旅をゲームブックにしたもの。むかしめぐりのおまつりが行われているとある小さな村を舞台に、過去と現在が入り混じりながら、物語は進んでいきます。人狼村に比べて出だしはのんびりしていますが、盗難事件や殺人事件も起きて、緊張感あふれる展開に。次第に明かされていくお父さんの物語はお話としてもなかなかよかったとおもいます。

謎解きについては、ちょっとパズルによりすぎている感じがありました。リアル脱出ゲームでもパズルのウェイトが多い公演はあまり好きじゃないんですよね。謎解きはしたいんですけどね、パズルは別にしたくないんだよなあ。ひらめきが特に必要がないパズルについては娘には難しすぎたようで、ほぼ僕が解きました。パズルのテーマ自体は物語とちゃんと関連はしてるとは思いますが、人工的過ぎてあまり好きではないです。重ねたり線を引いたりするような謎解きはとっても良かったですね。

ゲームブック部分が煩雑なのは前回と同様で、これはもうゲームブックだから仕方ないかなとは思いますが、同じメモ欄に複数の選択肢を提示してやる箇所についてはアイデア倒れというか、使われ方にたいしたひねりがなくただめんどくさいだけだったのが気になります。ゲームブックだけの物語ならゲームオーバーの場所もどきどきしながら楽しめると思うのですが、謎解きで総当たりを要求されるのでゲームオーバーの場所もそうやって処理されてしまうのもちょっと残念。だからといってどう変えても同じ感想になりそうではあるのですが。

最後の謎解きはなかなかのものでした。あれは圧巻です。面白かったですねー(ラストの謎が出てから娘とあーだこーだ言いながらなんだかんだで少しずつ進みながら1時間くらいは使わされちゃいました)。ただステップの途中で「いろいろやってみても、ほかにあてはまらないし、答えが導き出せてるから正解」みたいな感じのところがあって、そこにそれを適用するということにもう少し物語上の理由付けが欲しかったかなぁ。指定されたヒントだけなら別解もできちゃいそうだったのが少し残念でした。

次はどれやろうかなー。楽しみですね。