がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

黒かわず句会

黒かわず句会でした。投句6人、現地参加が4人というやや少なめの人数でやっておりました。

今回はぼくの誕生日が近いぞって言う予断を与えておいたところ、いくつかあいさつ句をいただきました。

ひとつめ

寒鴉またはシュプレヒコールの波     四十九士

これはお題「選択の接続詞を使う」。で「または」句なのです、がどうみても四十九士作です。「シュプレヒコールの波」とはいわずもがな、中島みゆきの「世情」のワンセンテンス。ただ句としてもなかなか良くて、シュプレヒコールという政治的な硬さと「または」という接続詞の硬さもあっているし、寒鴉との対比もよいと思いました。

ふたつめ

むささびをまずロッカーに入れなさい    ぺぺ女

これ、ぼくの特選でした。

むささびの感じわかる。なんか飛び回って邪魔になりそうな感じがあって、何か大事なことの前に「ロッカーに入れなさい」という感触がある。ほかの動物ではこの感触は出ないです。

で、これ気づいてなかったんですが、あいさつ句だったんですよ。僕の

傘立てに鮭を差すのはやめなさい  幽樂坊

という句がありまして、これへのオマージュだったそうです。気づかんかった!

あとは適当に自句を紹介しておきます。

道尽きてちくわそれとも初日の出

首狩り族ゐるかもしれぬ初句会

みな五円ずつ盗まれて初詣

アルパカがアルパカを呼ぶ新年会

書初のあと峠道攻めてをり

新年の季語が使いたくて、お題として「初」をつかえ、というのがあったにもかかわらず、ほかの句にも「初」ばかり使ってしまった。「書初のあと峠道攻めてをり」は、点は入ったものの、お題のこなしとしてはNGをいただきました(ぼくもそう思った。ハードボイルド句というので作ったたけどどう考えてもハードボイルドではない)それから、「峠を攻める」が通じないクラスタというのがいるのかという発見がありました(世代はそう変わらないはずなのに)

あとお題、暖房というので例句を調べていて「暖房車」ということばがあって、なんか素敵だなあと思ったので使ってみたくて作った句。

凶報やほどよく暑い暖房車

これは凶報が動くと指摘され、確かにそうだと思っていたらぺぺ女句から、「密葬」はどうだといわれ、確かにそっちのほうが像を結ぶかもしれないなと思った次第。なので「密葬」をいただいて、

密葬やほどよく暑い暖房車

にしておきます。 うん、わからん!w

ではまた。