がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

『3人で読む推理小説 スカイホープ最後の飛行』 (SCRAP出版)

SCRAPさんが『3人で読む推理小説』という、またなにやら面白い本を出していると聞いて、リアル脱出ゲームマニアの友人に便乗して、いっしょにやることになりました。

3人で読む推理小説 スカイホープ最後の飛行

3人で読む推理小説 スカイホープ最後の飛行

この本は3人の登場人物視点の物語が分冊になっていて、それぞれを3人で分担して読み進めながら、謎を解く、というコンセプトのようです。なにそれ面白そうって思いますよね。

実際は、3人があつまって短期間で体験をすると言うことを想定しているようなのですが、今回一緒にやりましょうという話になった3人はなかなか忙しく、一堂に会してのプレイが難しそう、ということで、各自持ち帰って、チャットで進めていくという形を取りました。なのでいまから書くレビューは、本来の想定とはことなった環境でのプレイした人間での感想になりますので、そのへんは差し引いて頂ければと。

とある空港で起きたハイジャック事件を追うミステリです。視点はマジシャン見習いのベル、管制官ニコラス、捜査官トーマスの3人、さらにそれぞれの視点が1~3章ごとに別冊になって計9冊の冊子で構成されています(ほかに見取り図などもあります)。章についてはWebで答え合わせをしてクリアしたら先を読んで良いという指示が出るようになっています。クロスワードとかスケルトンとか、よくある脱出ゲームの小問パズルの要素なく、純粋に推理ゲームです。

やってることはひとりの視点人物では十全に情報が集まらないので、他のメンバーが知っている情報と組み合わせて謎解きを進めていく、というかたちです。それもあって「問題として成立させるために恣意的に各視点人物から情報を抜いている」描写が多く、小説としては見るとだいぶ不自然です。いわゆるミステリにおける信頼できない語り手、ともいいづらいレベルですが、これはまあこういう趣向だと思えば気になりません。実際、趣向としてはとても面白いです。ぼくらはチャットでやってましたから、相手の冊子を直接見ることができません。結果的に「○○についての情報、そっちにないですか?」という問いかけが飛び交います。「あ、すいません、○○って書いてありました! なのでこの線は消えますね」みたいな形で、話が進んでいきます。これは直接顔を合わせていないことで、むしろ面白さを増していた気がします。実際に顔をつきあわせていると、情報を得ようとするときに、相手の冊子見ちゃえばできちゃいますからね。

Webで穴埋めや質問をされ、それに答えて正しけれれば進む、みたいな形で進んでいきますので謎解きの筋道は出題者にかなり誘導されます。これについてはミステリとして読もうとすると論理がけっこう荒い気がしました。たとえばAならばBっていうことになってますが、なぜそれが断定できるのかよく分からない、というところをいくつか感じました。が、別解の可能性はないことがシステム上担保されるので、まあこれもこういう趣向と思うしかありません。じっさい、わりと最初の部分はそのロジックを丁寧に追ってくれていたので、別の可能性をそれでつぶされてもそんなに気にはならず、かなり面白く進められていたんです。

問題は最後の真相に至るところ。ここはあまりにも唐突な感じが否めません。一緒にやった二人も同じような感想でした。いちおうは回答を入力できて、正解だと言われたのですが、それも「完全に分かってないけどこれくらいしか入れるものがない」という消極的な行為の結果でして、なんでそれが繋がってるのか完全にわからないまま正解を出してしまいます。さらに解答編に当たる部分を読んでも釈然としまいままなのです。突然出てくるロジックがまったく前の章で伏線としてかかれているようには思えない。

というわけで、本書は「中盤がピーク、ラストで急激に失速する謎解きゲーム」というのがぼくの評価です。情報を持ち寄りながら結論を出していく中盤部分は、ミステリを読む体験としても新鮮でこれはおもしろいなーとおもっていただけに、この終わり方は残念で仕方ありません。ラストで急に提示されたロジックも、それ自体は別に悪いものではないので、それを文中から導き出せるような筋道をちゃんと用意してくれれば良かったと思います。いや、そこまででなくて、最後の回答フォームをもっとロジックベースで細かい穴埋めを要求すれば良かったんです。しかし、それもない。正直、製作時間が足りなかったのかと思ってしまいました。

趣向としては面白かったので同じような形式での続編に期待したいと思います。