がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

謝罪を評価することはヤンキー更生メソッドに抵触するか問題

たまにはこういうことも書いてみる。

先日、Twitterの有名人で、漫画原作者小池一夫さんがこんなツイートをされて、ちょっとした炎上になりました。

小池さんは、その反応を見て、翌日に反省と謝罪のツイートをします。

これのはてなブックマークを見ると、素直に反省できることを評価する方もいれば、「こんなので評価しちゃうなんてチョロすぎる」というような反応や、更生したヤンキーは褒められるってやつか、という反応や、消火のテクニックを褒める方もいますし、反省になってないという手厳しい方もいらっしゃいます。ぼくはこの謝罪そのものがいいかどうかはまあどっちでもよくて、気になったことがあって次のようなコメントをつけました。

小池一夫さんのツイート: "昨日のツイート、反省してます。若者と接することは多くても、若者と暮らしていないので、今の若者の現状が頭では分かっていても、肌の感覚では分かっていな

この流れをヤンキー更正の相似形とするかしないかは、先の行動をミスと捉えるか、悪事と捉えるかの違いかな?(ミスしない人はいないから寛容でありたいが悪事はそうではない)案外その境界は曖昧かもしれません

2017/08/13 19:37
b.hatena.ne.jp

今回のこの流れが、「更生したヤンキー」の話と相似かどうかってけっこう面白い問題だなと思ったんですよね。「更生したヤンキーは褒められる」というのは、何も悪いことをせずに大人になった人はとくに何も評価されないのに、悪いことをしていてそれを反省して更生した人間は過度に評価されるのがおかしい、というようなやつですね。

コメントにも書いたように「自分も含めミスをしない人間はいないので、他人のミスには寛容でありたい」というのは、それなりに受け入れられる立ち回りだと思いますので、ぼくは最初のツイートを、勇み足というかミスと感じて、それを反省している謝罪している行動については一定の評価ができるんじゃないかと思ったんですよね。たぶん更生したヤンキーの話を出してるひとはそうではない。なんというか、更生したヤンキーの件そのものについてはたしかにそうだよなあ、とつねづね思ってるので、ぼくのなかで二者にはなんらか違いがあるようだなと言うのが上述のブコメです。ただ、よく自分でも分からなかったので、玉虫色のブコメになった。

つまり、ヤンキーが過去にしでかしてきたことは明確に悪事である(世間的に許されている行為でなく、かつそれについて当人にも認識がありつつ止めることはしなかった、と推測される)が、この小池センセイのしたことはただのミスで、ヤンキーの更生とは違うものだという考えがぼくの中にあったんじゃないかと思うわけです。そこまで考えてから、次に気になるのは「わかさゆえのあやまち」という言葉があるように、ヤンキーのしでかしてきた悪事がミスと完全に分離できるものなのだろうか、ということです。逆もそうで、悪意はないだろうけど小池先生のやったことも、「たいした根拠もなくある世代を過度に貶めた」という悪事であると解釈できなくもない。悪事に当人の認識が必要かどうか、というところではたぶん違いはあると思うけれども、若く思慮が浅い状態での当人の認識という者はたかがしれているので、そこは同じようなものともいえるんじゃないかという思いもまたあるのです。

と、そこまで考えて寛容であることと、評価することは別だという考えであればおかしくはないか、と思い当たります。「更生したヤンキーについては取り立てて問題視はしないが、別に評価もしない」という良い方は成立します。ただ、そうなるといっさいの謝罪を評価できなくなりかねません。謝罪と言うからには何かをやらかしたわけです。わからないけど、とにかく当人にとって「わるかった」と認識していることをやってそれを謝罪している構図ですから、あらゆる謝罪に対して、更生ヤンキーメソッドが発動できてしまう。うーん、そうなるとさすがにやり過ぎな気がするんですよね。だからどっかに境界を設けた方が良さそうです。ただ、どこまでがやりすぎじゃないのかという線引きも自分の中でははっきりしません。なんというかやっぱり最初になされた行為の悪意の濃さとか、被害者の多さとか、被害回復のコストとか、まあ総合的に見て線を引くしかないし、そうなると、やはり小池先生の発言は別にミスの範囲で、謝罪自体をそれなりに評価するので良いんじゃないかと思えてくるのです。

線引きが曖昧といえば、そもそも評価するってのはいったいなんだろうかって思い始めてきました。人が何を評価するかをコントロールするのって難しいというか、まあ、もともと悪いことしてたんだから評価下げないと、という意見は意見で別にいいとおもうんですが、評価を下げない状態をおかしいといいきるのも無理があるというか、それってそもそもおかしいといえるだろうかという疑問があるんです。

書いていて思い出しましたが、これまたTwitterで、最初から席を譲るつもりで立ってる人間は褒められないのに、座ってて席を譲った人間は褒められるのが納得いかないという話があって、これに対しては「褒められたいなら一回座れば良いのでは。褒められたくてやってるのかな」という感想だったんですが、まあ似たようなことで、この問題は仕方ないと思ってるんですよね。人が人を評価するってことは「そういうもの」でしかなくて、ようするに評価に値しそうな要素を他人に見える形で提示することが評価につながる、というだけのはなしで、やりたきゃそうすればいいし、やらなきゃそうならないだけで、それがおかしいといわれてもそういうものではないかという気もするんです。いやほんと、毎日、穏便に過ごしているよりも、多少波風を立たせながら生きていく方がなんか評価されちゃったりするのは心情的に納得いかない、という意見には共感はしますよ。しますが、「そういうもの」だといわれればそういうものでしかない気がするんです。だって現実的に無理だもの。

うーん、結局なんだろう。

ひさしぶりに外部に言及するようなことを書いてるうちになんだか何がいいたいのか分からなくなってきたけど、まあ、ぼくは波風も立てますが別に評価もされないという悪いとこ取りみたいな人間なので、どっちも関係なさそうです、という話を最後にして筆を置いておきます。かなしみ。