読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

Ingress Potal Recon はじめました

こんにちは。Ingressエージェントの microstory です。

いぜん、Ingressポータル申請についての怪文書を書き散らしたことがありましたが、そんなSeer派のぼくが待ちわびていた、機能が一般公開されました。

前回の記事にも書きましたが、Ingressのゲームの拠点となるポータルというオブジェクト(ポケゴーでいうポケストップ)は、最初はユーザからの申請を運営者が承認することによってなりたっておりましたが、Ingress人口の増大によってそのシステムは破綻し、大量の申請がさばききれないまま残されるという状態におちいりました。これに対して運営者であるNIAはかつてより、ユーザ同士で適切なポータルを生むことが出来るような、申請と審査の仕組みを導入するというふうに言っていました。

それがベータ機能としてしばらくの間限られた地域、人間にのみ解放されていましたが、ついに一般に運用が始まったようです(ぼくはザコキャラですから限られた人間には選ばれず、いまはじめてこの機能に触れることになります)Portal Reconとよばれていまして、早速離婚離婚と騒がしい感じです。

たいへんうれしいことに、この機能によって審査されたと思しきポータルの審査結果が何年かぶりに帰ってきました。ポータル審査については審査数がカウントされ、じぶんの審査したポータルがどれくらい処理されたかも分かります。審査数で陣営トータルの合計も分かるようになっています。面白いので暇を見つけてはぼくも審査に参加しています。

初見の感想としては、以前のインタビューでもありましたけど、レーティングの仕組みがないと審査は厳しめのほうにたかよっちゃうのかなあと思ったりしました。審査数が視覚化されると言うことはたくさん審査をしようというモチベーションになるとは思うのですが、まじめに審査する同期を下げてしまうこともありえます。現在の仕組みだと「ポータルの却下」はワンクリックで、却下しない場合にはいろんな視点で評点を付ける必要があります。審査数だけを稼ぎたいのならすべて却下してしまうのが合理的です。

審査数なんて数字をあげるためにそんなことする? と思うかも知れませんが、世の中には意外なほど「ただ数字が増えるだけなのになんだかやってしまう」ゲームがたくさんあって、実際それにはまる人も多いと考えるとあり得る流れだと思います。

というわけで「いいかげんな審査をした人は、審査員としての評点スコアが下がる」ようなレーティングの仕組みははやめに導入してもらった方が良さそうだな、というのが初見の感想でした。ポータル申請おじさんとしてこの審査は(さほど数をこなしせるわけではないのですが)とても楽しいです。はやく申請機能が復活してくれると良いなと思います。