がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

黒かわず句会

黒かわず句会でした。

春埃尻まるだしの家鴨かな   幽樂坊

「お題:ディスニー縛り」で出した句。なんというか、こういったお題の場合は、普通に見える光景との重ね合わせにしたかったんですよね。この句会の異常なところは、ディズニー縛りで出された句の季語が「春埃」「つちふる」「黄砂」となんだかほこりっぽい感じのものばかりだったことです。ディズニーのイメージにほこりないだろ!

「お題:ねばねばぬとぬとした感じ」でだしたのはこちら。

つつまれて死んでゆきたし蝌蚪の紐   幽樂坊

これは、案の定指摘されたんですが、「紐」と「つつまれる」がイメージで衝突するんですよね。紐なら「くびられて」とか「からまれて」みたいなほうが本当はしっくりきます。ただ蝌蚪の紐ってやわらかいし、実際の光景としていえば「つつまれて」でもおかしくないんです。おかしくないんだけど「紐」という文字は、そこに違和感を発生させるに十分なわけです。俳句は短いので、そこに書かれた文字列のインパクトは、意味として描かれたものと同じくらいの強さを持つと思っていて、そこに違和感を生じさせてしまうと、それが弱さになるんですよね。

なのでこれはちょっと弱い。

食べたのは春愁の煮凍りでした    幽樂坊

これも、弱いなと自覚してました。まずこれ季重なりなんですよね。「春愁」は春という文字があって強い季語といえるので、さほどマイナス点が多いわけではないのですが、「煮凍り」という文字の中に「凍り」が入っているのはよろしくない。せめて「煮凝り」表記を使うべきでした。まあそこは大きな欠点では無いと思うのですが、問題は上五です。にこごりはそもそも食べ物なので、食べるに決まっている。上五の意味がほとんど無い。これはこれでそうしたことに意味はあるんですよね。結局「春愁の煮こごり」ということを書きたいので、上五も下五もたいしたことを書きたくなかったんです。ただ、だからといって「食べたのは」はないな、と思う次第でした。

楽しかったです。おわり。