読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

D・M・デヴァイン『そして医師も死す』(創元推理文庫)

読み終わり。

医師アランの共同経営者が死んだ事件。それが殺人だったのではないかという疑いが浮上し、アランは事件をかぎまわりはじめる。不可解な動きをする当事者たち。やがて、犯人が被害者がその日、たまたま診療所に残っていたことを知っていた人物に絞られてくるが、この論理には……。

謎とその解決はなかなか面白かったんですけどね、解説でも指摘されているように主人公の心の内がどうも信用できなくてだいぶ心情的にイライラさせられる小説であります。恋愛関係のとこはどうでもいいけど、死者が増えたのってこの主人公の行動に責任なかったんかね。

ロジックとしての肝はひとつだけ、逆転の発送の部分なので長編をそれだけで支えるのはたしかにむずかしく、人間関係で読ませるところがなければさすがにつらい作品でしたね。デヴァインの描写のうまさがより際立つところかもしれません。実際このロジックはすぐに忘れてしまいそうです。

というわけで、手練れの佳作といった評価でした。海外ミステリはネタ切れが続いているし、玄人受けさそうな本作はまたもやランキングに入ってきそうですね。