読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

レジスタンス拡張が日本語化

お、レジスタンスの拡張がでますね。

hobbyjapan.co.jp

これ、キックスターターで出してた Hidden Agenda と Hostile Intent ですよね。ずっと米 Amazon で買おうか迷ってた拡張なんで、日本語版ででるならこれは買うしかないですね。あいかわらずこのパッケージの文字デザインはひどいけど、値段がたぶん安いので仕方ないな。

レジスタンスと言えば、レジスタンス・アヴァロンのほうが完成度が高いとして有名なのですが、ぼくの好みの世界感としては円卓の騎士より無印レジスタンスの近未来SFチックな方が好きなのです。なので、レジスタンスの世界で、レジスタンス・アヴァロンが遊びたいんですよね。

で、海外のカードを見るとどうもレジスタンスそのものの拡張カードとして、レジスタンス・アヴァロンのルール(マリーンとかオベロンとか)が遊べるものがあるようなんです。しかし、その拡張カードがどの製品に入っているのかイマイチ分からない。

BoardGameGeek にある Hidden Agenda と Hostile Intent の この写真を見て下さいよ。これ、レジスタンスの世界ですが、あきらかに役職が多いです。Hidden Agendaで3つ、Hostile Intentで3つの追加要素が入ることを考えても数が多くないですか。

CHIEF、PRETENDER、HUNTER、DUMMY AGENT、DEEP AGENT、DEEP COVER、BLIND SPY、REVERSER、COORDINATOR、COMMANDER、ASSASSIN、FALSE COMMANDER、ROUGE、DEFECTOR、BODY GUARD という名前が見えます。それぞれのカードにはテキストがあるのでヒントになりますが、アヴァロンと対応しそうなのもあればそうじゃないのもたくさん。そもそも、拡張である Hidden Agenda と Hostile Intent に依存しそうなものもあります。

  • Hidden Agenda → 暗殺者(ASSASSIN)、離反者(REVERSER)、罠(?)
  • Hostile Intent → 裏切り者(DEFECTOR)、審問官(?)、監察(CHIEFカードの導入?)

ただ、それではおさまりきらないような役職がたくさん見えます。

  • COMMANDER:レジスタンス側。スパイ側を全員知ってる。ばれると負け。マーリンかなー。
  • DEEP COVER:スパイ側、COMMANDERに知られない。たぶんモードレッド。
  • BODY GUARD:レジスタンス側。COMMANDERを知ってる。パーシヴァル。
  • FALSE COMMANDER:スパイ側、COMMANDERのように見える。モルガナ。
  • DEEP AGENT:スパイ側、ほかのスパイを知らない。オベロンかなとおもったけど、ほかのスパイからは知られてるからちょっと違うな。
  • BLIND SPY :スパイ側。これもオベロン風だけど、ほかのスパイから知られないが自分は他のスパイを知ってる、ということのようだ。ややこしい。
  • ROUGE:BLIND SPYに似てるんだけどなぜか両陣営にいる。レジスタンス側のROUGEはスパイ側のROUGEをサポートすると書いてある。

わからなすぎる。

もっというと、無印レジスタンスはミッションの成功不成功のアイコンがわかりにくく、同意不同意のカードとも区別がつかないし、リーダーカードもわかりにくかったんですが、この写真を見るとそれらを改善したカードが含まれてるようにも見えるわけです。これもどこで手に入るのか気になる。

とりあえず、買ってみます。