がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

セミクローズド木曜ボードゲーム会(14/10/09)

なんだか報告忘れがちですが、定例会です。

今日は5人が集まったので、そこそこの規模のゲームが出来ましたね。やったゲームは一つだけ。「ダンジョン・レイダース」です。

最初はルールが分からなかったので、手探りでスタート。プレイヤーはそれぞれ冒険者たち、最下層にいるボスを倒すべくダンジョンに挑みます。ダンジョンは5階層、各階に5つの部屋があります。プレイヤーは1~5までのパワーカードを持ち、1階層の5つの部屋でそれぞれ1回ずつ使うことでその部屋での力を表現します(アイテムカードを使うとその限りではないですが)

部屋にはいろんなイベントがあります。アイテムがもらえたり、モンスターが出たり、罠が仕掛けられていたり。モンスターが出る部屋の場合、プレイヤー全員で出したパワーカードの合計でモンスターを倒せるかどうかが決まります。倒せなかった場合、パワーカードの数値が一番低いプレイヤー全員がダメージを喰らってしまいます。ここがポイントで、仮に倒せなくても、最下位でなければダメージは受けないというわけです。各階で同じ数字のパワーカードは1回しか使えないので、宝物がもらえる部屋などもあり、そちらに強いパワーカードを取っておきたい、という気持ちも働きます。

二回やりましたが、二回目は宝に目が眩んだせいで、自爆して序盤からゲームから2人も脱落者が出る始末。これではあまりにもあっけないということで残りのメンバーの温情で、ライフ1にて復活することに。けっこう人間性が見られて、たいへん盛り上がりました。これはある程度の軽口が許される関係で、適度に互いをDisりつつやるのがいいですね。

ちょっと残念というか、肩すかしだったのはラスボスです。ラスボスは特別なバトルになるのですが、候補となるらカードが多い割りには1ゲームで登場するのは1種類で、その特別バトルの変則さがあまり味わえません。そして、みんな警戒して大きな数を残すので、たいていオーバーキルになってラスボス即死、みたいなことになってます。これラスボスはむしろオープンにしておいた方が良いのかな? なんかルールを間違ってるのかも知れません。