がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

DEATH NOTE

先日脱出ゲームでのコラボに行ってきたので、いまさら『DEATH NOTE』を読みました。一〇周年だそうですから触れたのもいい機会でした。

人気があったのも、評判が良かったのも知ってます。ノートに名前を書くと書いた人が死ぬ、というのだけ知ってました。あとはまったく情報がない。こんなにたくさんの名前が書かれて人が死んでいっていたってことや、いわゆる天才として描かれる主人公とそのライバルの、知的ゲームだと言うことも初めて知りました。たいへん面白かったです。

なんか物語上、そう展開させちゃって袋小路にならないの?って思ったところからの逆転が多くて、ストーリーの展開方法に感心しきりでした。「書いた人が死ぬ」というシンプルなルールで、それ自体を巡る壮大な知的攻防戦を描いてしまったところは、乙一を思わせますね。というか原作乙一なんじゃないの? って今検索するとやっぱり疑ってる人がいっぱい居ますね。この手の「ギミックそれ自体はささやかなのにそれを巡るお話しが上手い」のは確かに乙一の特徴とかなり似てますし、そうそう同じ才能の人がたくさんいないだろうと思いますしね。まあこれはきっと当時さんざん検証されたでしょうからいまさらぼくが何か言うこともないでしょう。

それにしても、面白いながらも、半分くらいのところで終わらせるチャンスがあったような気がしましたがどうだったんでしょうかね。まだまだ面白くなるぞ、ってところで終わらせた方がこのお話しに関しては良い気がします。DEATH NOTEというアイテム自体はいくらでも再登板できるんだから、主人公全く違うのだして来ちゃっても良いんだし。しかしまあ、これは連載で評判が良かったでしょうし、いろいろあったんでしょう。

あと、どうしてもこのラストになっちゃうのかなあ。知的ゲームの部分は読者の期待を裏切る予想外の展開を繰り出すようなお話しなのに、ラストのラストでの幕引きのしかたは、おそらく大方の読者の思い通りになったんじゃないでしょうか。まあ据わりは良いと思うしこうでもしないと終わらないのかも知れませんが、なんかここだけえらくフツーな感じを受けました。感情的な処理にしても、ずいぶんわかりやすいなーと思いましたね。まあ、でもこれはこういう予定調和の方が良いのかな。

まあ、そんなところです。(上では半分とか書いておきながら言いますが)12冊ってちょうど良い長さだったし、いまのタイミングであっても読んで良かったです。