がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

おだやかな人狼会(2014/08/02)

この日は自分主催の不定期人狼会でした。

あるていど経験のある方が数人、まったく初めての方が1人、ほぼ初めての方が1人、あとは常連客(尋ねられた名前はありません……じゃなくて)

ちょっといつもに比べて他の村での経験者が多めでしたので、ぼくがGMの間は、なるべく初心者の方にしゃべってもらう時間を設けてみました。

ただね、このゲーム会の方針として、「初心者の方をしゃべらせればそれで良いか」と言われると、そうでもないなーとも思うわけです。ある程度ちゃんとゲームが出来る方をむしろ、セオリー無視で引っかき回すような人がいてカオスになる流れが実はぼくにとってはちょっと望ましかったりするのです。そういう方もこの村にはもちろんいまして、そういう意味でもバランスは悪くなかったかなー、という感想です。

まったくの初心者の方が居ると言うことで1回目は比較的オーソドックスな役職で回しました。このときは占い師がうまく人狼を見つけていったので村人勝利。すいませんGMをしていたぼくがミスってしまったのも大きい。最近慣れてきて、油断がでてしまいました。GMのミスは本当に申し訳ない気持ちになります。

2回目はGMをバトンタッチしてぼくも参加しましたが、人狼が役職持ちを順当に殺していき、村は村であてずっぽうで狼をきれいに釣りきってしまい、まさかの妖狐勝利。占い師が狼に食べられてほぼ即死していたので、これは時間の問題だった可能性がでかいです。妖狐が飼ったので、自分陣営は負けたけどなんかこれはこれで嬉しかったです。

3回目は大好きな「名探偵」を入れての役職多め回。とはいえ名探偵以外はわりとおとなしめの役職を入れたので、あまり派手な展開にはなりませんでした。しかし、名探偵の存在を意識しすぎてみなさん大混乱に陥り、狼側のミスもあり村人勝利でした。用心棒が護衛に2回も成功したのがすばらしい。GMやってましたがそれでも狼勝利は何度も見えていて、狂人がやっていたニセ占い師が本当にただの村人ばかりを占って村人判定を出しまくっていたのでそれも不利な条件でした。

やっぱ、「名探偵」は良い役職です(楽々亭様のすばらしい人狼カード「月夜の人狼」からアレンジしたかたちで自作カードに取り入れています)

今回も自作カードのテストを行いたかったんですが、自分で書いた役職の振る舞いの紙を印刷し忘れてしまったので、覚えているカードのみでやりました。まったくの初心者が居ない回がそのうち出てくると思うので、その時にはちょっとトリッキーなヤツも投入していきたいです。