がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

Ingressはじめました

数日前からIngressをはじめました。

位置情報による全世界陣取りゲーム、でいいのかな。2軍に分かれて陣地を取り合います。

スキャナ(アプリをこう呼ぶみたい)を覗くことで、この世界にもうひとつの世界が重なり合っていることが分かる、っていうのは思いのほか面白いです。最初は端末を片手に、ポータルと呼ばれる陣取りの拠点になるポイントが、どこにあるのかを探して意外な場所がポータルになっていたりしておもしろがることが出来ます。ゲームそのものの戦略の面白さ以前に、こういった場所に関する単純な興味でスタートできます。Lvがあがっていくといろいろ高度なことが出来るようになりますが、低Lvである間にそれをぜんぶ把握するのはどのみち無理で、初心者はこのポータル探しだけでもなんか楽しぞ、っていう設計にしてあるんだろうなと思いました。これはけっこう考えられてるなあ。

Lvがまだひくいので、敵ポータルを攻撃するのはやってもしょうがない模様。何をすればいいかというとやっぱりポータルを探しまくるのです。味方ポータルにはエネルギーを生み出す機械みたいなの(レゾネーターと呼ばれます)を8こまで設置できるます。高Lvになればなるほどこの設置する機械も高Lvのものがおけますが、ダウングレードは出来ないので、ほとんどのポータルには低Lvのぼくにとっては機械が設置できません。ところが、味方のポータルで低Lv向けにスロットを残してくれているものがときどきあるのです。これを探すと設置できるんですね。

実はこのポータルを自軍のものにするだけでは陣取りには何のいみもなくて、このポータル同士をラインで結ぶ必要があります。さらにいえば、ラインで囲んだときはじめてそこが自分の陣地としてカウントされます。陣地の中にふくまれる人口がポイントになるようです。このラインでむすぶのも低Lvだと思うように出来ません。遠くのポータルに結ぶには制限があります。そこでこれも、偶然近くに結べるところを発見するべくポータルを探しまくることになります。昨日は偶然、ラインを2本引いて陣地を初めて獲得できました(今日には敵軍に破壊されてしまってましたけど……ターミナル駅は人通りが多いから抗戦が激しそうです)

ちなみに自宅の周りにはほとんどポータルがなかったのでAndroid機であるのをいいことに新規ポータルの申請をしまくっています(iOSはできないらしい)。Lvを上げるのに必要なアクションポイントが申請が通ることでももらえるそうなので、一石二鳥です。申請が通るかどうかは数週間で結果が出るそうです。これもまた楽しみ。

でかけるときの楽しみが増えたのは良いですが、電池の減りがすごくてぼくの壊れかけたAndoroid端末ではかなり心許ないですなぁ。あと、ぼくの端末がアホなのかGPSの制度が微妙にずれてるのがストレスなんですが、まあこれも仕方ないですね。