がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

リップクリームが運用できない

前にも書いたかもしれませんが、ぼくにとって永遠の課題なので何度でも書きますよ。

冬になると唇が荒れるんですよ、これはよくある話ですよね。

で、切れちゃったりすると血が出て痛いし、まあ、困るので荒れてほしくないんです。

じゃあ、リップクリームというのを塗ればいいはずなのですが、どうしてもこれを運用することができない。たまに思い出したように買ってみるんですが、「唇が切れて痛い」という身体的な状態とリップクリームというのが接続できてなくて、結局ほとんどリップクリームを使わないうちに、たいてい間違って洗濯してしまい、リップクリームは一生を終えます。間違って洗濯してしまいというところに突っ込みたい方はいると思いますが、その件は、別途よろしくお願いします。

そんなことより、なんでなんですかねこれ。「リップクリームを塗ると唇に良い」という知識はもちろんある。あるんだけど、実際に荒れているときにその因果関係が全然行動と結びついてこないんですよ。持ってるということ自体も忘れてしまう。

「持ってるということ自体も忘れてしまう」というのはけっこうぼくにとって新しい習慣を作るための大きなハードルで、ADHD傾向のある人はメモを取ったりするなどの習慣を作るといいよ、というはなしをよくきくのですが、ぼくは生まれてこのかた「メモを取る」というのが習慣にできたことはありません(なお、ぼくはADHD傾向はあるがそのものといういほどひどくはないと勝手に思ってますが診断したことはない) 20代のころからなんどもチャレンジしているのですが未だに成功しません。メモを取ることを習慣にしようとしている、ということ自体を忘れ、メモの存在を忘れ、気が付くともうメモもどっかにいってます。書きかけのノートやメモ帳とか、家にいっぱいある。PCやスマートフォンにメモアプリやTODOアプリを入れても存在を忘れ、無理やり起動するようにしてもなんかのときにちょっといま急いでるからといって無意識にそれを見えなくする操作をして、そのまま忘れ、気が付くと運用しなくなっています。TODOなんてそもそもめんどくさいことが書いてあるので、見たくないというモチベーションもあって、視界から消してしまいやすいんでしょうね。

いやほんと、どうしようもないなこれは。

アレクサ、リップクリームを忘れないようにして。

「なんだかうまくいかないみたいです」

エルサゲートが怖すぎて見に行けない件

こんな記事を読みました。

www.from-estonia-with-love.net

これは怖い。怖すぎてぼくも動画を見に行けない。

うちの下の娘もけっこうYoutubeで動画見るのが好きで、上の子がゲームをやる時間は、下の娘は動画を見る時間になっています。まだ検索できないので、関連動画を踏みながら好きなものを探している感じです。で、たまに海外の動画にも行きついちゃってるんですよね。レゴとかミニチュアの家具とかを作る動画が最近お気に入りのようで、良く見てます。もちろんフィルタリングは入れてますし、いちおう監視はしてますが、見ると一見他愛のない動画で突然ショッキングなものが出てくるということのようで、監視しててももうそれだとどうしようもないですね。

最近、Twitterのほうでも、スマートフォン向けのソーシャルゲームの話題でバズっていると、グロ画像をそこにレスするアカウントが現れるらしいという問題が話題になっていました。アカウントを消しても消しても新しく作ってしまうらしく、そこまでして見知らぬ人に嫌がらせをしたいという狂気(あえて狂気と書いちゃいますが)には恐ろしさしかありません。いやほんと「いやなら見なけりゃいい」がそのうち「インターネット見るな」になりそうな勢いで見たくもない画像のほうからやってくる感じがあります。まだこっちのほうはまだ大人が見るのが前提ではありますが、子供向けコンテンツを装って同じことをやり始めたのが上記のエルサゲートというやつのようですね。

Amazonのプライムビデオもあるので、公式のコンテンツを見せるので済めばいいんでしょうけど、よくわからない家族ユーチューバがおもちゃで遊んでるだけとか、そういうのが好きだからなかなか公式だけ見せてるというのも難しいんですよねえ。とはいえ、エルサゲートが本格的に問題になりそうならそれも検討しないといけないかなあ。

うずまきオールナイト人狼会 2017年末

ぼくが主催をしているうずまき人狼で、オールナイト人狼会をやってきました。ほとんどGMをしていたので足が痛かったです……。

今回はちょっと試したいことがありまして、「死刑執行人制度」というものです。何回かこのルールに付き合っていただきました。

普通のルールだと昼間の終わりに投票があって、最多投票者が処刑されるのですが、今回のハウスルールは最多投票者は処刑執行者になり、夜の初めに目を覚まして処刑する相手を決めます。朝起きるとその人が処刑されている、というものです。これに付随して、

  • 死刑執行者になれるのは1度だけ。ただし生存者全員が一度経験していれば2度目ができる
  • 用心棒(ボディガード)は処刑もガードできる
  • 霊能者(霊媒師)はその夜、処刑対象者に選ばれた人の結果が見える。たとえ処刑がガードされても結果は分かる

というルールにしました。霊能者に関しては最初は翌日の夜の結果を出していたんですが、これだとタイミングが遅すぎて霊能者の意味が薄くなりすぎてるので当日結果を出すことにしました(生きてるのに霊媒できちゃうケースが出ててストーリー的に破綻してますがそこは目をつむりましたw)

これけっこうちゃんとゲームが成立することがわかりました。たまにやるには面白いかもしれません。執行人が指すべき人を村の議論時間の間にちゃんと決めておかないと、執行人が見当はずれの人を処刑してしまったり、コミュニケーションがより大事になります。

ちょっとだけ肝を書いてしまいますと、要するに信頼できる人をえらべばいいのか、というわけでもないのです。一度しか処刑執行者にはなれませんので、日が浅いうちに安易な考えで白っぽいひとを処刑執行者を選んでしまうと、ラストあたりで狼陣営に死刑執行者を明け渡さなくてはならなくなって積むというケースがでてきます。

このほかに、幻冬舎版のカードを使って「神様」「スパイ」入りレギュをやりましたが、神様が初日にいなくなってしまい「神のいない世界」があっさり出てしまって受けました。神様、面白い気もするので、もうちょっとやってみたい気もしますね。

ご参加していただいた方、ありがとうございました!