がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

人ごみを裸足で歩いている

普通は仕事以外がプライベートの話なんですけど、このブログではむしろ仕事のこととかを書いていないので、そっちがプライベートになってしまうのかな。まあ、そんなことはどうでもよいのですが、10月の頭に転職をしまして、いま新天地でお仕事をさせていただいておるのです。

新しいところに来ると人間関係をいろいろ構築しなおさなければなりません。他人としゃべることも昔に比べたらだいぶテクニックで何とかなるようになりましたが、スキルを使うとなにかが削られていきます。削られていくなにかは自然回復はするものの、ひとまずは有限のようで、それをどう割り振りながら生きていくのか、みたいなことをもう何年かぶりくらいに考えなければならない日々なんですね。ああ、前職が、大学時代の友人の会社だったので、あまりそのスキルを使い続ける必要がなかったので落差がけっこうありまます。新しい場所はいつだって心をたくさん使います。

いろんなところに顔を突っ込んでいるので親しい人もそれぞれのジャンルでそれなりにいるので、たぶん人によってはぼくはだいぶ社交的な人間にうつると思いますが、どのジャンルにおいても他人とかかわり続けることは、こころのどこかを差し出して削っていくような気持ちになることが多くて、まあ、それはそれで社交的の一側面なのかもしれませんが、まあそれで、特に理由もなくイベントに参加したりしなかったり、誘われたのを断ってひとりでご飯食べたりしていたりするのです。

ようするに、自分の操縦の仕方がだいぶわかってきているんだろうなという感じがして、これが老成してきたってことなんだろうかと思ったりもするわけですがきっと世間的な意味とだいぶ違うな。そうそう、前にも書きましたが、イベントの主催をすることがおおいのは、どうしてもついてまわる他人との交流である程度、ステレオタイプ化ができるのが楽なんですよね。ぼくは他人が好きなので他人とかかわること自体は切りたくないんですよね。いかに自分の心を削らずに他人とかかわっていくかということのやりかたをずっと考えている、ということなのかもしれません。

そんなこともあるので、基本的には付き合いが悪い人間なんですが、それはべつにそのひとのことが好きだとか嫌いだとかということではなく、ただ、他人と会話しているだけでなんかわからんものが減っていくぼくの体質みたいなものなので時間がたてば回復もしますからそういうときはもちろん誘われたことを断ったりもしませんし、まあ、でもそれってみんな多かれ少なかれそうなんじゃないのかという気もします。余談ですが、そのへん断ったりするのに家族がいいわけになって角が立ちにくい構図になっているのかもしれませんね(でもたぶん独身でもあんまり行動は変わらないです)

さて、今日も帰ります。おつかれさまでした。

ラジオ瀬尾さんと「アリア」のはなし

渋谷にカフェマメヒコっていうコーヒーショップがあって、最近全くいってないんですが、以前はたまーに渋谷で人と会うときには言ったりしてました。あそこの印象は「フリーペーパーの文章がひどい」という謎のものなんですが、それはさておき(嘘、さておかない)、カフェとしてはおちつくし、甘いものとかも結構好みのものがあったりして、ほんとフリーペーパーが残念なのが残念過ぎる、という評価だったわけですが、リモートワークが増えたり転職したりで、まったく渋谷に近寄らなくなってしまいました。

そのカフェマメヒコですけど、三間茶屋にもあるらしいんですね。三間茶屋といえば、下北沢と並んでぼくのなかでは「こじゃれた若者が住んでて、渋谷とかに自転車で通ってる町」みたいな、勝手なイメージ(答え合わせすらする気にならない)があって、通りがかりに通る場所でもないのでほとんど行ったことがないわけですが、いや、まあそんなことはどうでもよくて、いかん脱線が多い、まあそこにあるみたいなんです。

前置きが無駄に長くなってしまったんですが、そのマメヒコのWebサイトにラジオ瀬尾さん17というコンテンツがあって、中島みゆきのアレンジャーとして有名な瀬尾一三さん(みゆきファンの通称:お師匠さん)がネットラジオを持ってることにいまさら気がつきましてね。

そもそも、みゆきさんの月一のラジオですらまじめに追っかけられてないんですが、昔、よしだたくろうのラジオにみゆきさんが久しぶりに出ることになって、ひとりで出るのがが不安だったのか、なぜか瀬尾さんとみゆきさんが同時に出たことがありまして、あのときのイメージで、瀬尾さんというのは口下手でかわいらしいおじいちゃんという感じだったのです。このラジオでもその印象通りの語り口で、ただ、自分のラジオということでかなりリラックスしているせいか、好き勝手しゃべっててなかなか面白いんですよね。かわいいおじいちゃん感がやっぱりある。

ぼくも知りませんでしたけど、このラジオ、コアなリスナーくらいしか気づいてないのではと思ったりもしますが、それでも、みゆきさんの新曲が先行でかかったりしているのはさすが大御所やなという感じではあります。最新のやつを聞いたら瀬尾さんが、マメヒコの超常連で、マメヒコでの日常がかいまみえてそれがまたとてもかわいらしいので、おじいちゃんフェチの男子女子のみなさんは、ぜひ聞くといいと思います。

さて、みゆきさんの話をしますが、みゆきさんが少し前に平原綾香さんに提供した「アリア —Air—」という楽曲があります。我が家はダーウィンが来た!のファンですので、平原綾香さんの歌声は毎週のように聞いておりまして、たいへん素敵な歌声だと思ってますが、この「アリア」という楽曲について、初めててきいたときは「なんだこれ、すごいけどめちゃくちゃ難しそう」と思ったものです(もちろん平原綾香さんはプロですから、見事に自分のものにしてました)。その「アリア」の提供時の裏側が瀬尾さんによって語られておりました。やはり音域が広い難曲でみゆきさんが作ってきたものをさらにアレンジで最後に歌い上げる形にしてしまったんだとか。本人は自分では歌わないといってたようですが、次のアルバムでセルフカバーすることになりまして、ラジオでも先行して聞くことができました。平原さんの歌い方は聞いてるほうが「難曲を歌いこなしてる」という感じだったんですが、みゆきさんのほうは難曲であることを気づかせないようなこれはこれでいったいどういうマジックを使ってるんだという歌い方で、さすがだぁという感じでした。

とりとめなさすぎた。

ろくに読者もいないこのブログですが、たまには感情のメモとして、こういうどうでもいい話題を書いておきました。。

ド下手プレイヤーのスプラトゥーン2(2)

8月の終わりごろ、こんな記事を書きました。 microstory.hatenablog.com

さて、あれから2か月半くらいが過ぎましたが、ど下手底辺プレイヤーのぼくのスプラトゥーンはどうなっているでしょうか。

  • あいかわらずサーモンランをやっている
  • さすがに慣れてきてたつじんをキープできている
  • バイト以外はナワバリ中心
  • ランクは23
  • ガチはガチヤグラC+、ガチホコC、ガチエリアC-(あいかわらずほとんどやってないのがわかる)
  • ブキは「もみじシューター」一択(ロボボム・アメフラシの使い勝手の良さから逃れられない。カーボンローラーは難しすぎる)

8月の終わりでランク18とか書いてましたからそこから5しかあがってないことになります。武器の全開放はランク30ですから、まだ先がある。というか1で好きだったシャープマーカー解放にいまだ達していないという……。まあ、それもありサーモンランばかりやってます。サーモンランが開いてないときはたまにガチやナワバリをやりますが、そもそも起動しないことも多いです。そういえば、昨日、Discordではじめてボイチャサーモンランをやらせてもらって、野良との勝率のあまりの落差に衝撃を受けた、というのが現在の立ち位置です。まあそりゃ声を掛け合えば楽になるよね、って頭ではわかってたんですが、思った以上の差でしたね。

前回も苦手なアクションゲームなので上達曲線が鈍いと書きましたが、ほんと上達してません。相対してちゃんと打ち合えば勝てる相手でも勝てないので、ナワバリは1のように塗りまくる戦術で遊んでます。ガチはそうはいかないんだけど、C帯だとぼく程度でもキルそこそこ取れるのでたまーに遊ぶ分にはじわじわメーターが増える程度。まあ、そんなもんです。

実はぼくのプレイスタイルだとフェスが結構つらくて、ふだんナワバリをしない人たちが多くなるのか、とにかく好戦的なひとに狩られて死にまくるという……せっかくなんで「えいえん」まで遊ぼうかなと毎回思うのですけど、連敗に次ぐ連敗で疲れてしまい、まったく届きません。負ければ負けるほど試合数を増やさないと数字目標に達しづらいというしくみなので悪循環なんですよね。最初の7戦はフェスパワーの算出に使ってるんだろうから仕方ないと思ってたんだけどそのあとも負け続けてるところをみると、底辺でそれ以下の人がいないからもうレベルを下げたマッチングができないというところまできてるんじゃないかと思ってます。

だからどうしろ、というわけでもなくこれはこういうゲームだから仕方ないなとは思っていますが。

で、この記事。

naruoe.hatenablog.com

たしかに、自分自身が苦手だというだけなのにライトゲーマー代表みたいに語っちゃったところで反発がありそうだなという記事ではありますが、ぼくとしては結構共感できるところもある記事なんですよね。

たとえばチュートリアルが不親切であるというの確かに感じましたよ。ぼくは1からやってるからわかりましたけど、2からのひとはけっこう戸惑うのではないかなぁ、と。これはもうできてる人には当たり前だし、勘のいいひとには不要ということもありますから、「おれはわかった」「おれわかんなかった」と言い合っても仕方なく、なんとも断言はできかねるものの、世の感想を見てると2からはじめて不親切でびっくりしたというのは確か見かけます。

そして、この方が書いている(ナワバリの)「エリアが狭い」というのは、ぼくもけっこう感じてます。

ナワバリやってると、2のほうが1よりも塗りたくる戦略がとりにくいマップが多いんじゃないか、という感触があって、これってやっぱりマップの狭さに起因しるのでは、と思うんです。なんというか、すぐに交戦状態になってしまう。かろうじてコンブトラックが広めかなという印象ですが、狭いマップが多く、ナワバリもちょっとガチ寄りの調整がされてるんじゃないかなーと。自軍の一定エリアに敵が侵入できない(もしくはかなりしにくい)部分が増えたのも、中心部の交戦を増やしていることになってるという感じてます。ただ、狭くて塗りたくる戦術が使いにくいかなと思っていたマップも、やってるうちにたまに交戦せずに終了まで持ち込める回数が増えてきて、まあ、それもふくめて上達というものなんだろうなぁとは思いますが、いずれにせよそのハードルの高さを考えると、1より難易度が上がってるんじゃないの、と思ってはいます。

スペシャルについては1がスペシャルありきになりすぎてたという反省もあっていまに至るというのもあって、まあ、そうだよねという感じ。そのわりにはジェットパック強すぎて弱体化、イカスフィア強すぎて弱体化、という流れがあったはちょっと笑っちゃいますよね。ジェットパックなんかがそうですが使いこなさないと使えないみたいなのは確かに初心者向きではない気はしますが、これは本質的なところでもないのではという感触。

総じて、くだんの記事に対するツッコミが「たんにあんたに合わなかっただけでは」というのは別に間違ってないんですが、作品としてそっちにシフトしいくのはさみしさはありますよね。さみしいけど、ほんとに下層がどんどん減って行っていき、結果的に強い人が増えていく、というのはこれはもうプレイヤーがいないと成立しないゲームなんだから仕方ないですよね……。

個人的には最初のリリース時くらいは、本来のゲームの本質とは違うお遊び部分にももっとリソース裂いて、カジュアル層ももうすこしターゲットとして見てほしかったなあというのはあります。たとえば4つどころか髪形をめっちゃ増やすとか、顔にもバリエーション増やすとか、ギアの色をカスタマイズできるとか、モーションの追加とか(ってまるでドラクエ10みたいなこといってますが)あと、写真撮れるエリアを増やすとかですかねー。もっとプレイヤーの個性を主張できるようにしてもいいんじゃなイカ?

まあ、そんな感じです。まあ、ぼくはサーモンランがある限りはだらだらと続けていけそうに思います。良ければどなたかフレになってくださいな。サーモンランいきましょう。