がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

「風の笛」をたずさえて ~ささやかによりそうものたちへ~

「風の笛」はアルバム『常夜灯』の一曲です。

中島みゆきの歌には人間のもついろんな性格の側面を取り上げ、それを丁寧に扱ってくれることがよくあります。この曲は、誰にでもあるであろう「言いたいことをつい飲み込んでしまう」行動を、肯定してくれる曲です。

ぼくは『真夜中の動物園』あたりから、みゆきさんは自分の「らしさ」をあえてひとつだけ尖らせて曲を作ってるように感じることが多くなりました。毎年アルバムを出していくペース走り続けてきた歌手ですから、おそらく手癖で楽曲が書けてしまうこともあるでしょう。正直、ファンとしてはそれでも実は十分楽しめるわけ何ですが、その楽曲の「らしさ」をあえて過剰な形でいじくりまわすという試みをし始めたように思うのです。

「風の笛」でいえば唐突な口語口調です。

ええかげんにせいよ たいがいせいよ

という叱咤が入りますが、この口調はこの曲想そのものからは導かれません。おそらくはいくらでも綺麗事めいて作ることが出来たこの曲を、地に足に付いたところまで引きずり降ろすための、過剰な口語体がここにあるように思います。

「風の笛」では「何も言わなくてもいい」「代わりに風の笛をおまえにあげよう」と相手に寄り添う曲ですから、実際はこの叱咤の言葉だけみるといささか強すぎるようにも思えます。しかしながら、これは気の置けない仲間に対して黙り込む理由をたずねあぐね、結果的に粗雑にかけるしかなかった言葉として、二回繰り返され、おまえがおまえの意志で黙るなら、仕方が無いという、寄り添うものとしての覚悟を演出するためのことばです。なので、これは動かないのです。

さて、このブログの中島みゆき関係の記事として毎度のことですが、今回も旅に出ることにします。「風の笛」を出発点として、「よりそうもの」の消息を辿ります。

「風の笛」における寄り添うものは性を持ちませんから、家族であっても友人であっても恋人であっても、歌い手とそれを聞くものの関係であっても成立します。それを恋人の関係に少しだけ寄せた歌が「私の子供になりなさい」です。「あなたが泣くときは 私は空を見よう」。このセンテンスが出てくるとそこから連想されるのは、ヒット曲「空と君のあいだに」です。「君が涙の時には 僕はポプラの枝になる」この曲は、犬の視点で描かれている曲だと言われています。直接のコミュニケーションができない関係において、寄り添うものは寄り添うことに価値があります。

寄り添うものは見守るものです。この動物と人間の関係は夜会「ウィンターガーデン」と「橋の下のアルカディア」でも顕著です。前者は犬、後者は猫、どちらも寄り添うものとして約束に縛られてしまったものたちでした(そういえば、「海嘯」で妻子を日本人に殺されて言葉を失った医師に寄り添うのは大きな犬でした)

そもそも中島みゆきの歌は、とくに近年、一歩引いてリスナーの感情を肯定するような曲想が増えてきているように感じます。たとえば、コンサートツアー『一会』で歌われていた「MEGAMI」は苦しんでいる聞き手をそっと「許す」曲です。「飲みこみすぎた 言葉が多過ぎて肺にあふれて 心をふさぐ」というセンテンスは、「風の笛」の「言えないこと飲んで溺れかけている」を思わせます。「背広の下のロックンロール」も曲調こそ明るいですが、隠している感情に理解を示す曲という意味で「風の笛」と同じニュアンスを感じます。

ところで、寄り添う、という言葉そのものの曲があります。「寄り添う風」。この曲は「相手を傷つけてしまうために離れていく」という、これまた中島みゆきによく見られるモチーフの延長としての寄り添うものなので、ここまでにあげてきた曲とは寄り添うものとしては少しことなる側面を持つように思います。このモチーフはまた別に追いかけてみたいと思います。

負傷についての報告と緊急提案

こんにちは。

最近お会いした方はご存じかとおもいますが、わたくし、右目周辺にひどい打撲を負いまして、現在テープで保護しております。それはもう相貌がひどいことになっております。仕事関係でもいくつか打ち合わせをキャンセルして自宅作業にしてもらったり、ご迷惑をおかけしております。

f:id:gakusi:20170420110205p:plain

原因は娘四歳の頭突きです。

しゃがみ込んだところに突然ジャンプをされまして、右目にクリーンヒット、みるみる腫れて、青あざになりました。一瞬の出来事でして、当初は痛みもありましたが、いまは見た目がひどいだけで痛くはありません。内出血自体はすぐに納まって、それが皮膚越しに青あざになっていると勝手に推測しています。

これ自体はまあ、待てば直るだろうと思っておりますが、また起きるんじゃないかというのが不安でなりません。

思えば妻も、娘にひどく足を踏まれて、小指を骨折する事件がありました。いずれにしても四歳児の行動としてはごくふつうのことで、その親としての行動も、多少の不注意は合ったかも知れませんが、致命的なほどの不備があったとは思えません。双方に瑕疵がないのにもかからず、こんなひどい不幸が生まれているわけです。この手の不幸、日本の各地で生まれているのではないですか。

そこでぼくとしては4歳児を禁止することを、国に提案したいと思います。これだけ危険な存在を野放しにしていると言うこと自体が国の怠慢ではないですか?

たしかに4歳児からえられる利益ははかりしれません。ぼくも多くの利益を享受してきました。しかし、命にかかわる事件が起きる可能性に目をつぶってまで利益を追い求めるのはあってはならないことです。その利益は5歳児や3歳児で代替できないものでしょうか。涙を呑んで禁止に賛成したいと思います。

~四歳児が禁止された世界~

「所長!」(なんの所長だよ)

「なんだ?」

「西地区に四歳児の目撃情報があったとのことです」

「なんだと? ほんとに四歳児なのか? 早生まれの5歳児のみまえちがえどかなんじゃないか?」

「確かに四歳児だったそうです。自転車の後部座席に乗っていましたが、検出器が反応しました」

「それでどうした」

「逃げられました。どうやら四歳児解放同盟のメンバーのようです」

「西地区のアジトは、前回の一斉捜索ですべて潰したと思っていたが……」

「残党が残っていて地下で活動を行っているという噂がありましたが、本当だったようですね」

なんやかんやあって、所に(所って何だよ)四歳児が迷い込んでしまう

「でた、四歳児だ!」

「ぎゃー」

「にげろー」

そして、四歳児撲滅原理主義者である所長の部屋に迷い込んだ四歳児は、所長と奇妙な絆で結ばれる……

ていうか、モンスターズインクのパクリじゃねえか!

~おわり~

Ingress Potal Recon はじめました

こんにちは。Ingressエージェントの microstory です。

いぜん、Ingressポータル申請についての怪文書を書き散らしたことがありましたが、そんなSeer派のぼくが待ちわびていた、機能が一般公開されました。

前回の記事にも書きましたが、Ingressのゲームの拠点となるポータルというオブジェクト(ポケゴーでいうポケストップ)は、最初はユーザからの申請を運営者が承認することによってなりたっておりましたが、Ingress人口の増大によってそのシステムは破綻し、大量の申請がさばききれないまま残されるという状態におちいりました。これに対して運営者であるNIAはかつてより、ユーザ同士で適切なポータルを生むことが出来るような、申請と審査の仕組みを導入するというふうに言っていました。

それがベータ機能としてしばらくの間限られた地域、人間にのみ解放されていましたが、ついに一般に運用が始まったようです(ぼくはザコキャラですから限られた人間には選ばれず、いまはじめてこの機能に触れることになります)Portal Reconとよばれていまして、早速離婚離婚と騒がしい感じです。

たいへんうれしいことに、この機能によって審査されたと思しきポータルの審査結果が何年かぶりに帰ってきました。ポータル審査については審査数がカウントされ、じぶんの審査したポータルがどれくらい処理されたかも分かります。審査数で陣営トータルの合計も分かるようになっています。面白いので暇を見つけてはぼくも審査に参加しています。

初見の感想としては、以前のインタビューでもありましたけど、レーティングの仕組みがないと審査は厳しめのほうにたかよっちゃうのかなあと思ったりしました。審査数が視覚化されると言うことはたくさん審査をしようというモチベーションになるとは思うのですが、まじめに審査する同期を下げてしまうこともありえます。現在の仕組みだと「ポータルの却下」はワンクリックで、却下しない場合にはいろんな視点で評点を付ける必要があります。審査数だけを稼ぎたいのならすべて却下してしまうのが合理的です。

審査数なんて数字をあげるためにそんなことする? と思うかも知れませんが、世の中には意外なほど「ただ数字が増えるだけなのになんだかやってしまう」ゲームがたくさんあって、実際それにはまる人も多いと考えるとあり得る流れだと思います。

というわけで「いいかげんな審査をした人は、審査員としての評点スコアが下がる」ようなレーティングの仕組みははやめに導入してもらった方が良さそうだな、というのが初見の感想でした。ポータル申請おじさんとしてこの審査は(さほど数をこなしせるわけではないのですが)とても楽しいです。はやく申請機能が復活してくれると良いなと思います。