がくしだったりマイクロだったりすぎもとだったりするひとのメモとか。

板谷敏彦『日本人のための第一次世界大戦史」(毎日新聞出版)

世界史とか日本史とか、とにかく歴史が苦手なんです。時系列を記憶しておくのが苦手で、人物も多いし、因果関係がすぐにわからなくなってしまうんですね。じゃあ嫌いかというとそういうわけでもありません、歴史というのは因果の連鎖、断片的に知っていることが有機的に繋がって見えるのは歴史ならでは面白さだ、というのはわかるんですが、まあ、苦手意識が先に立ってほとんど書籍も手にとることはありません。

だからなんで本書を手に取ったのかはじぶんでもよくわかりません。評判が良いというのは聞いてましたが、ぼくがそれだけで馴染みのないこのテーマの本を手にとるはずもなく、、、とにかくよくわからないんですが、なんか惹かれたんでしょう。そしてその予感は正しかった。めちゃくちゃ面白かったですね。

この面白さの一端にはぼくにそのあたりの世界史の知識が殆ど無いというのもありそうです。知っている人なら「はいはい、そうでしたね」ですむ史実を「へえ、そんなことが!」っていちいち感心してたらそりゃ面白いに決まってますからね。

この本は、世界がどうやって戦争に突入していったかをいろんな視点でひもときます。第1・2章あたりではまだ戦争の話になっていません。戦争が起こりうる下地としての技術革新について丁寧に書いてあります。蒸気船・鉄道網・通信網のような物理インフラ、金融、徴兵制などの社会的なインフラの双方が書いてあります。もちろん戦争に直結する銃器や戦艦などについてもその変遷が丁寧にかかれており、インフラとして成熟してきてしまったことが戦争が戦争たりたことに大きな影響を与えていたのがわかります。たとえば船で言えば、帆船から蒸気船へ、そして外輪がスクリューに、外装も木製から鉄製になったことで戦艦としての下地が整ってきたことがわかります。

鉄道網の話も面白かったですね。国と国との戦争では補給が重要ですが、攻め込む側が鉄道網による補給路を確保できるのは自国の境界まで。その先はインフラの整備と侵略を同時にこなさないとどんどん補給が難しくなってくるため、防御側が圧倒的に有利とのこと。兵站という概念は冒頭で言及された後、戦時中の戦況を左右するあちこちの場で言及されてきます。

続いて第0時世界大戦ともいわれている日露戦争がとりあげられます。先に書かれた鉄道網や戦艦の歴史がここに因果となってたちあわれれているのがよくわかります。そしてこのアジアの戦争がそこにとどまらず、欧米の緊張感への影響を与える役目をしたことが書かれています。じっさい、お話として読んでも、後半でたくさんでてくる第一次世界大戦での作戦の練習問題のように見えてきます。

産業革命での技術革新の紹介を経て、第一次世界大戦がいよいよ始まってしまいます。第31話として書かれているところが面白い。われわれ、未来の人間からするとまるで戦争は起きるべくして起きたかのようにも見えます。本書でも下地となる産業の発展と、各国の思惑が描かれていてそうであるかのように読めてしまうのですが、実際、それはあとから俯瞰してみたから言えることで、その時代に生きている人からすると戦争というのは以外にも非現実的な存在だったようで、そんな戦争など起きるはずがないという幻想の中にとらわれていたといいます。これは現代にも通じる恐ろしい幻想にも思えます。

いよいよ戦争が始まると、各地の争いや戦況など、どこをとってもドラマが有って面白いですね(これはもう過ぎ去って変えようがない歴史を、上から見下ろしているこそ面白いといえるのですが)

ボードゲームなどで戦争をテーマにして複雑なメカニクスを採用しているのもよくわかります。まるでゲームです。少人数の精鋭部隊で勝利を収めた戦い(ロシアの大敗したタンネンベルクの戦い)、パリに迫る快進撃をタクシーを駆使して退けた戦い(マルヌの奇跡)、戦争が長引く中で赤痢が蔓延し、御しやすいと思われていたオスマン帝国に苦戦したイギリス軍の戦い(ガリポリの戦い)砲撃によって掘り返された地面に雨が流れ込み、泥沼の戦いの中四人に一人が溺死で死んだと言われながら、攻撃をやめようとしなかったイギリス軍部による戦い(パッシェンデールの戦い)、戦争も末期になってドイツ軍が行った大量の作戦たち……、戦争は人が簡単に死にます。歴史を振り返って記述されてしまうとさらにその死は軽いです。

ドイツの潜水艦Uボートが、イギリスの商船を襲撃して兵糧攻めに成功仕掛けていたところ、イギリスが護送船団方式をとるようになって撃沈される商船の数が激減し、難を逃れたというエピソードも面白かったですね。護送船団方式ってようするに商船を戦艦で守るだけですがこれが完全に効果を発揮し、イギリス版を逃れています。実際戦艦の数が不足していたため海軍は反対していたのを、首相が反対派を押し切ったと書かれています。地上戦で疲弊しつつあったドイツがイギリスを物資不足で降伏させる直前までいっていたというのは驚きでした。

第一次世界大戦はヨーロッパが中心の戦争でしたが、日本も連合軍として参戦しており、ときどき登場しますが、不思議な立ち位置だったんだなというのもわかりました。日本は日本で中国での覇権を狙ってそれはそれで思惑があり、交流もあって好感も持っていたはずのドイツに宣戦布告することになってるんですね。中国での大義なき戦い、同様に大義のないシベリア出兵などなんだかいまから見るとだいぶひどい立ち回りをしていたように見えます。しかしこれもまた後知恵の評価なのかもしれません。

書かれているエピソードはどれも面白い。それぞれの戦いごとになぜその戦いに突入することになったのか、上に立つ人間の性格にもよりますし、その瞬間に各国がどういう状態に置かれていたのか、という因果関係が丁寧にかかれて説得力があります。

歴史は続いていくというのもあたりまえのことですがついわすれがちです。第一世界大戦はそれだけで完結してパッケージ化された歴史ではない。各地に後世の火種を残していました。ドイツは敗戦国になりましたが、国内では終戦間近に現れた政治家のせいで敗戦した(「背後からのナイフ」伝説と呼ぶらしい)のであって、軍部には問題はなかったという世論をつくることに成功してしまっており、これが第二次世界単線への火種となっていたようです。ドイツが降伏した際、パリの郊外に停車した、鉄道の食堂車で調停をおこなったそうですが、ヒトラーはこの時の屈辱を忘れておらず、第二次世界大戦でフランスを降伏させた際に、わざわざおなじ食堂車を探し出してきて調整を行ったといいます。

いろいろ記憶に残ったところをメモ的に書いてきましたが、記憶違いもあるかと思いますので本文をご参照ください。それにしても、ふだん読まないジャンルの本をたまに読むのは刺激があってとってもよろしかったです。参考文献で引用されている中にも面白そうな本があるので見つけたら読んでみたいなと思います。

「文房具の解剖図鑑」(エクスナレッジ)

タイトルに惹かれて購入。

タイトルからあらゆる文房具のメカニズムやら中身やらを徹底的に解剖して紹介くれてるのかと期待してたらだいぶライトな感じで少し肩透かし。いや、ちゃんと中身のメカニズムにも言及されてはいます。なので完全に期待はずれというわけでもないんですが、それがメインというよりはいろんな豆知識やらバリエーションやらを紹介する本でした。文房具は好きなので、この手の文章を読んでいるだけで楽しくはあるのですが、マニアでもない僕でも知っている文具やエピソードがだいぶ多くて、目新しさも薄め。

うーん、悪い本じゃないんだけどやっぱり解剖図鑑というのから期待されるマニアックさがないのがちょっとなぁ。なぁ。

ちなみに聞かれてもいないのに僕の好きな文具をご紹介します。

3位はフリクションボール。いわずとしれた「消せるボールペン」で、もはや大定番になってますね。間違いが多いぼくには消せると言うのは本当に安心感があって、ずっと愛用しています。キャップ式でもノック式でもひっかけるところ(なんていうんでしょう、ポケットにさす時に外に出る部分)がすぐに折れてしまうので、最近はあの出っ張りがないタイプも愛用してます。

2位は「全面のりのふせん」です。

メモとして使っているのですが、ふつうのふせんはがのりがない部分がぴらぴらするのが嫌なんです。汚くなるし。その点、全面のり付箋はのりが全面についていてしっかり貼れます、それでいて強粘着ではないのでちゃんとはがせる。すばらしい。

そしてベスト1は、「かどまる」です。

サンスター文具 コーナーカッター かどまるPRO S4765036

サンスター文具 コーナーカッター かどまるPRO S4765036

これ、単に紙の端っこを丸くするだけなんです。が、その「やさしさしか産まない単一の機能」ところが大好きです。コワーキングスペースでよくラミネートをしているのですが、そのときは絶対丸くしています。謎のこだわり。

宮下恵茉「ここは妖怪お助け委員会」(角川つばさ文庫)

昨日、書こうと思って脱線してしまってかけなかった感想でも書いておきます。といっても、まったくもってたいしたことはないのですが。

娘に、といって妻が借りてきた本の中に「ここは妖怪おたすけ委員会」1・2巻というのがあって、妖怪ねー、などと思いつつ何の気なしに読んでみました。妖怪オタクの少女は、いつもほったらかしの両親に誕生日プレゼントとして、おじいちゃんがつかっていた離れのカギを手に入れます。そして、離れにはいまはもう絶滅しかかっている妖怪たちが住んでいることがわかります。これまで語られてきたイメージとは全く違う妖怪たちと知り合った妖怪オタクの少女は楽しくて仕方ありません。そんなとき、様子のおかしなクラスメイトが話題に登ります。少女は妖怪の力を借りて、そのクラスメイトがネオクリーチャーと呼ばれる新世代のなにものかに取り憑かれてることをつきとめ……といった話です。

少女をターゲットにしたと思われ、ツンデレ少年妖太と女好きのお兄さんキャラのジャッキーなどをはじめ名の通った妖怪は出てきますがキャラ造作はだいぶ自由ですね。お話の肝となるのはクラスメイトがとりつかれる背景で、仲間の輪に入って苦しんでいる子や、太っていることをネタにすることしかできなかった子など、子どもたちを取り巻く悩みが書かれています。一方的に誰かを断罪して終わりというわけではなくて、それぞれに思うことがあってこんなことになるんだという曖昧さも残しているところは好感が持てます。

ただストーリー的には特段ひねりがあるわけでもなく、上述のようなリアルな悩みがただむきだしのまま描かれているだけで、お話としての面白さというのはやや薄い印象。キャラクター小説としてはいいですし、取り上げている悩み自体はよかったんじゃないかと思いますが、物語の展開の妙とあわせて楽しむタイプの本ではなかったようです。もうちょっと意外性とか展開のひねりとかがあればこのテーマももっと映えるのになあなんて思ってしまいますがそういう本を読みすぎた大人の勝手な言い分かもしれません。

ちなみにうちの娘に感想を聞いてみましたが、別に好きでも嫌いでもなさそうな淡々とした感想でした。

ここは妖怪おたすけ委員会(2) 委員長は雑用係!? (角川つばさ文庫)

ここは妖怪おたすけ委員会(2) 委員長は雑用係!? (角川つばさ文庫)

なお、どうでもいい話ですが……タイトルになっているお助け委員会について。これ、シリーズが長く続くことを前提としてか、二巻になってやっと始動しかかった程度なのです。このまま続編が出ないとタイトルが微妙に過大なまま終わってしまいかねません……編集さんも頑張って!